2014.05.23

笑いのツボから心が見える!心を盛って心美人になるコツ・4つ


テレビのバラエティ番組って面白いから人気あるよね。結構みんな見てるし、おしゃべりの話題にのぼることも多い。だけど、そんな面白いものを作る側のことってあんまり考えないよね。面白いものって、どうやって作られてるのかな?何を笑わせようとしてるんだろう? 人が何を笑おうとしてるのかを見れば、その人の心のキレイさがわかってくるよ。

1.汚いもの

例えば「オナラが~」とか、そういう簡単な下ネタ。ちょっと汚いよね。そういう汚いものを笑おうとしてる人は、とっても心がキレイだよ。普通は何の役にも立たないものだけど、こうやってあえて笑いものにすることで役目ができる。だれも傷つけることなくみんなで楽しく笑いあえてハッピー!

2.外見

ハゲてる人やダサい人、太っている人とかを笑おうとする人っているよね。それがウリのタレントさんだったら笑っても全然オッケーなんだけど、そうじゃない一般の人を笑うと心が汚くなっちゃうよ。髪がうすいことを本気で悩んでる男性もいるし、自分のファッションに自信がない人も、太っている自分が嫌な人もいるんだ。女子だってオシャレに気をつかうコは多いから、外見で悩みたくなる気持ちはわかるよね。他人の心に共感することができれば、心がキレイになってくるよ。

3.失敗

転んだとか言い間違えたとか、何か失敗した人を笑おうとする人がいるよね。ウケたくてわざとやった人を笑ってあげるのはいいんだけど、そうじゃなくて本当にしくじった人を笑おうとする人は心があんまキレイじゃないかもね。だけど心おブスとまではいかない。だって、笑っちゃダメと思っててもついプッと吹き出しちゃうことは普通にあるからね。あえて笑いものにしようとしてるんじゃなければだいじょうぶだよ。

4.悪者

ウソをついたりダマしたりする悪い人っているよね。特に、有名人でこういう悪いことをしてしまった人は目立つから、笑おうとする人もいる。でも、悪者だからって笑いものにしていいってわけじゃないんだ。悪いことは悪いって言っていいんだけど、した悪いこと以外のその人の特徴とかをバカにしちゃうと心おブスになっちゃう。逆に「そーいうのは好きじゃないし面白くない」って感じるコは超絶心美人だよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

あなたの心はどのくらいキレイだったかな?
「あんま心美人じゃなかった」っていうコも、心配しないで平気だよ。これから心をキレイにしていけばいいんだからね。それが「心を盛る」ってこと。だから、心の盛りかたを今のうちに知っておこう。そうすれば他人がどれくらい心美人かもわかるし、自分が心美人になることもできるんだ。外見と中身の両方を盛ってキレイになっちゃおう!

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事