2014.05.24

婚活必勝法!?最高の結婚相手と巡り合う「運命婚風水」


世の中ちょっとした婚活ブームですが、彼氏がいないからといって焦る必要はありません。
いないからこそ、これから運命の人と出会えるチャンスがあるのですから。
今回は、そんな最高の結婚相手と巡り合うために、今やっていただきたい運命婚風水をご紹介したいと思います。

自分の魂を磨く

運命の人と巡り合うためには、自分の魂を磨く必要があります。人は、歳を重ねる度に様々な経験をして成長していきますが、その間にプラスの感情とマイナスの感情を持つようになります。マイナスの感情・行動が陰となり、魂の輝きを覆ってしまいます。逆に、プラスの感情・行動は陽となり、魂をより輝かせてくれます。魂が輝くことにより、運命の人と巡り合った時に「この人だ!」と響きやすくなるのです。
「妬み、恨み、憎しみ、怒り」といったマイナスの感情、「愚痴を言う、悪口を言う、意地悪をする、騙す」といったマイナスの行動とは一切関わらないようにし、「喜び、楽しみ、感動、感謝」といったプラスの感情、「笑顔、人の為に動く、思いやる、ほめる」といったプラスの行動をしていくと、どんどん魂が輝いて、運命の人と出会った時に気付きやすくなります。

結婚相手をイメージする

次に、結婚相手のイメージです。今、「理想の結婚相手はどんな人がいい?」と聞かれてすぐに答えることは出来ますか?「優しい」「かっこいい」「包容力がある」このぐらいはなんとなく出てくると思いますが、これだけでは足りないのです。ある程度、理想とする結婚相手像がしっかりイメージできていれば、より「この人だ!」と出会った時にチャンスをつかまえやすいのです。
「引き寄せの法則」があるように、自分がこの人と出会う!と決めれば、その人と出会いやすくなります。早速、理想の結婚相手をノートに100個ぐらい書き出してみましょう。
例えば、「仕事は○○」「次男」「100平米超えのマンションを持っている」「車は○○に乗っている」「身長○cmくらい」「体重○kgぐらい」「年収1億円」「お酒は付き合う程度飲む」「男友達が多い」「私だけを愛してくれる」「動物が好き」「誰もが知っている芸能人」「性格が穏やか」「ギャンブルをしない」「健康志向」「サッカーが好き」「読書が好き」などなど。

イメージする上での注意点

書き出した中で、自分が「そんな人と出会うのは無理だよな」と思うものがあれば、書き換えましょう。「年収1億円」「誰もが知っている芸能人」こういった理想は、あまり現実的ではないため、自分で「これは無理」とブレーキをかけてしまいます。理想は自分がしっかりとイメージできる相手を書き出しましょう。

理想の相手はどこにいる?

更に、その人がどういう場所にいるかを考え、その場所に実際に行ってみます。例えば上記であれば、「サッカーが好き」という項目がありますよね。サッカー観戦やサッカー中継をしているスポーツバーに行ってみましょう。
これがおすすめな理由は、そこに行けばサッカー好きな人がいるからではありません。「サッカー好きの気」をあなた自身がまとうことができるようになるからなのです。そうすると、理想の彼と同じ気をまとうことになりますから、気が合うようになるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
運命の人と巡り合う準備を整えて、これらを意識して過ごしてみましょう。3か月後、出会いの場に出来るだけ出かけてみて下さい。あなたの運命の人が来ているかもしれません。

(生田目 浩美。/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事