2014.05.24

恋の始まりに必要な「勢い」を生む4つの行動


「最近恋してないなー」という女子の皆さん。「春は出会いの季節って言うけど特に良い出会いもなかったし~」とダラっとしているかもしれませんが、そうこうしている間に今度は夏がやってきます。となると、ちょっと焦りを感じるのではないでしょうか。とはいえ、「恋はしたいけど、なかなか好きな人ができない」「ちょっといいかなーと思っても、そこから停滞してフェードアウトしちゃう」という人も結構いるのでは?恋を始めるには、勢いが大切です。今回は女性への取材を元に、そのポイントを4つ、ご紹介しましょう。

1.ルールを捨てる

「何があっても、絶対に自分からはデートに誘わないっていう友達。なんか追いかけてるみたいだからって言ってたけど、考え過ぎじゃないかなあ?」(24歳/営業)

人にはそれぞれのライフスタイルがあって、その中で「こういう恋愛がしたい」「恋愛はこういう位置づけ」という考えや理想はあると思います。ですが、それを実現することに最初から固執しすぎてはいませんか?「絶対に◯◯」という自分ルールだけにこだわり過ぎると、知らず知らずのうちにチャンスを逃してしまったり、相手を不用意に傷つけてしまうことも。「自分はどんな恋がしたいのか」という全体像をあくまで理想。今の自分と相手の気持ちを一番に考えるのが良さそうです。

2.随所に「とりあえず」を

「知り合った人ととりあえずご飯に行ったりしてるうちに、好きな人ができた。やっぱり多少お互いのこと知らないと、好きかそうじゃないかもわかんないね」(25歳/飲食)

合コンや紹介、その他イベント等、案外出会いの場と言うのは多いものです。「いい人っぽかったけど別に…」と、自分の中では「恋愛対象としての出会い」にカウントされずに終わった男性もいませんでしたか?人として「いいな」と思う人がいれば、とりあえずごはんに行ったり、友達も交えて遊んだりと、交流を続けてみましょう。一回あっただけでは意外とわからないものです。何度か会ううちに、その人が特別な存在になるかもしれませんよ。

3.多くの人に会う

「友達が欲しくて飲み会に顔を出してたんだけど、そこでできた友達の友達となんだかんだで今付き合ってる。それに、いろんな人と会うと、自分についても分かることもあると思う」(24歳/医療)

「なんかチャラい人多そうだし…」「話し合わなそうだし…」「いい出会いなさそうだし…」などで、飲み会やイベントを断ったことってありませんか?どこでいつ何が起こるかわかりません。関係を深めるかどうかはその後考えればいいので、とにかく会いましょう。また、多くの人と会う中で、「自分がどういう人と合うのか」や、「初対面の人と打ち解けるコツ」がわかったり、他の人の言動から「意外と使えるモテテク」なんかが学べたりもします。

4.たまには相談相手を変えてみる

「いつもいちばん仲の良い人に相談してたけど、久しぶりにあった他の友だちにちょっと話してみたら、全然違う考えでびっくりした。そういうのもありなんだーって」(20歳/学生)

恋愛相談は自分のことを一番知っている友人に、というのも間違ってはいませんが、たまには他の人の意見を聞いてみるのも現状打破に役立つかも。また、残念な話ではありますが、恋愛にもさまざまなスペックが関わっているのは事実。自分より格段に可愛い子に相談しても「いやそれはただし可愛い子に限る系テクだよ…」となる場合も多いので、年齢やファッションなども含めて、自分と同じぐらいのスペックで、彼氏がいる友人に相談するのがベストかも。

おわりに

何事も、スタートには勢いが必要ですが、自分自身について考える事が増える恋愛においては、一度立ち止まるとそのまま停滞してしまうことも。最近くすぶってるなあ、という方は、思い切って違う方向にちょっと走ってみると、新しい考え方、新しい恋愛につながるかもしれませんよ!

(Sakura/ハウコレ)

関連記事