2014.05.24

彼ともっとラブラブになるために触っておきたい男子のボディパーツ5つ


いつもワンパターンでエッチしている女子のみなさんは、今回ご紹介する男子のボディパーツを触ってみるとすごくラブラブなエッチができるかもしれません。
今回は、風俗店ではないふつうのメンズエステのエステティシャンの女子に、男子が感じるボディパーツを教えていただきました。
さっそくご紹介しましょう。

1.二の腕

「男子って、意外にも二の腕が感じるのです。二の腕の内側の部分です。ふだんあまり触られない部位ですし、肌がデリケートだから感じるのでしょうか」

デートのとき、彼と腕を組むときは、男子の二の腕の内側にあなたの腕がしっかりと触れるように組むといいと言っている人もいます。二の腕の内側は盲点ですよね。太ももの内側は男女ともに感じると思いますが。

2.乳首

「メンズエステの施術では男子の乳首を触りませんが、じぶんから『オレ乳首が感じるから乳首大きくてごめんね』と言いつつ、洋服を脱ぐお客さんがいます。男子も乳首が感じるってことですよね!」

これは女子向けのAVを見てもわかるとおり、乳首が感じる男子はたしかにいます。感じない男子もいるようなので、体質なのか、開発されたら感じるようになるのか……といったところでしょうか。

3.お尻のほっぺ

「お尻のほっぺをマッサージしていたら勃起して困るというお客さんもいて、そういうお客様への施術は控えています」

これはソープ嬢もこう言っていました。お尻のほっぺって押されたり触られたりしたら勃起する男子もいるということです。

4.玉の裏

「お客さんの施術をしながら下ネタの会話になることもあります。男性って、ふつうにフェラをされるより、玉の裏を触られながらフェラされると気持ちいいんですって!施術では玉は触りませんが、太ももの付け根がリンパマッサージのポイントなので、玉のキワキワを触りますが『玉の裏も触っといて』と言ってくるお客さんもいるんです」

裏筋とか玉の裏とか、「裏」のつくところって、男子の盲点ってことでしょう。

5.お腹

「お腹をマッサージしていたら勃起するお客さんも多いです。だから『お腹のマッサージをしますが大丈夫ですか?』と聞いたうえでマッサージします。大丈夫と答えて、しっかり勃起しちゃっているお客さんって……」

これは複数のメンズエステティシャンが「男子はお腹が感じる」と言います。こちらもふだん触らないところだから感じるのでしょうか。お腹っていくつものツボがあるので、彼と仲良くお腹を触りっこすれば、女子の皆さんも感じるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
彼ともっとラブラブになろうと思えば、オエってなるくらいまでフェラをしたほうがいいのか? と考えがちかもしれませんが、なんでもないボディパーツを触るだけで、男子は感じるということがお分かりいただけたかと思います。
ご紹介した5つのボディパーツを触ろうと思えば、スローなエッチをしたほうがいいと言えます。ちゃっちゃとエッチして「私たちマンネリ」と言っているうちはまだ甘くて、スローセックスで、あちこちを触りっこすれば、ラブラブになれるんじゃないでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事