2014.05.25

4タイプ別!飲み会で男性の心をつかむ「コミュニケーション術」


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

飲み会、行ってますか? 店に入って男性たちを見渡したとき、「今日はアタリ!」と思ったら、やっぱりアプローチしたいですよね。ただ、同じイケメンでも、性格は当然バラバラなだけに、「どんなコミュニケーションの取り方で距離を縮めていくか」がポイントになります。

今回は飲み会によくいる男性を4つのタイプに分けて、その攻略法を紹介していきます。会話を盛り上げ、デートの誘いにつなげるためにも、ぜひ覚えておいてください。

「フレンドリー」にはシンクロ返事

「○○ちゃんは、お酒何が好き?」「オレはビールだけど、これもおいしいよね」などと、名前を呼んでくれたり、フレンドリーに話しかけたりする男性には、リズムやテンションを合わせて返事するのがセオリー。「それいいね。じゃあ今度」などと一体感が生まれ、デートの誘いにつながりやすくなります。

「話題を何にしよう」と考えすぎず、いろいろなテーマでフレンドリーに話せば、「あの話も、この話も楽しかった」という良い印象を与えられるものです。

「聞くタイプ」には振り返す

「そうなんだ」「いいね」「それでどうなの?」などと自分が話すよりも、話を聞こうとするタイプの男性には、自分が話し終えたあと、同じテーマの質問を相手に振り返すこと。一方的に話しているだけでは距離が縮まらないので、相手にも話してもらうべきなのです。

このタイプは、ふだんあまり話を聞かれていないため、あなたのことを「話しやすく居心地のいい女性」と思ってくれるでしょう。

「マイペース」には短いあいづち

「オレってこうなんだよね」「これ食べていい?」「話は変わるけど」などと自分のペースで話し続けるタイプの男性には、「へえ~」「どうぞ」「全然いいよ」などの短いあいづちで返すのが得策。無理に盛り上げようとしたり、好かれようとホメまくったりすると、かえって違和感を与えるだけなので、自然体の対応がいいのです。

連絡先の交換なども構えすぎることなく、「交換しようか」でOK。恋愛ではエンジンのかかりが遅いタイプなので、「焦ったら負け」なのです。

「物静かなタイプ」には素性トーク

「……みんなどういう友だちなの?」「……食べ物は何が好き?」などと、物静かで口数が少ないタイプの男性には、居住エリア、メンバーとの関係性、仕事、趣味など、お互いの素性を伝え合う会話を心がけること。彼に安心感や親近感を抱かせれば、ライバルたちに一歩リードしたことになります。

また、会話の冒頭で「私、口下手だから」「人見知りで緊張しちゃう」などと話しておくことで会話のハードルが下がり、彼が話しやすくなります。

決めつけは禁物。臨機応変に

飲み会に行ったらまず「相手がどのタイプなのか?」を見極め、彼が話しやすくなるような言葉をかけましょう。ただ、「最初は物静かなタイプだと思っていたけど、30分くらい話してみたらフレンドリーなタイプだった」というケースもありえるので、臨機応変に対応できるよう、相手を見るゆとりを忘れずに。

飲み会での第一印象が良ければ、おのずと二人の距離は縮まり、カップルになれたら、もはや「相手がどんなタイプか?」は関係ありません。「初対面に全精力を傾ける」くらいの気持ちで、意中の男性をガッチリつかんでほしいと思います。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事