2014.05.26

西洋風水で観る!梅雨時期に元気になれるお守りカラー


色には不思議なパワーがあり、人に与える印象を変えたり、自分自身の気分を変えてくれる効果があります。今回はジメジメした梅雨時期に元気になれるお守りカラーをエレメント別に紹介します。

火の星座・・・自分の好きなことを楽しみたい

プラス思考で前向きな火の星座は、とてもパワフルなエネルギーに満たされています。情熱を持って行動し、常に活力が溢れていて、みんなを元気にしてくれます。そんな火の星座は、雨が続くと元気・やる気がなくなってしまうでしょう。
梅雨時期におススメのお守りカラーは「黒」。
やりたくないことや面倒なことも「黒」を身につけることで責任を持って取り組むことができますよ。

土の星座・・・自分の経験を活かしたい

安定した土台・基盤を作ろうと努力をする土の星座は、穏やかなエネルギーに満たされています。大地のようにゆったりと構えているでしょう。人に頼られる事も多く、自分の経験を活かしサポートしてくれます。そんな土の星座は、雨が続くと、人よりも頑張ろうと努力しすぎてしまうでしょう。
梅雨時期におススメのお守りカラーは「ピンク」。
ピンクは、そんなに頑張らなくても良いんだよ・・・と、土の星座を優しく包み込んでくれますよ。

風の星座・・・知的好奇心を満たしたい

知識を得ることで自分が高められると感じる風の星座は、スピーディなエネルギーの持ち主です。ひとつのところに留まらず、縛られることも縛ることも嫌う、サッパリした性格。たくさんの知識で人を楽しませてくれます。そんな風の星座は、雨が続くと、好奇心が低下しユーモアを忘れてしまいそうです。
梅雨時期のお守りカラーは「黄」。
黄色は、人を笑顔にし、記憶力もアップするので、自分のイメージアップのために効果的です。

水の星座・・・愛情で満たされたい

愛されること、愛することが幸せだと感じる水の星座は、いつも誰かのそばにいたいと思っています。平和的で思いやりに満ちており、人との関わりに深く共感し、優しさで包み込んでくれます。
そんな水の星座は、雨が続くと、寂しくなり孤独を感じてしまいそうです。
梅雨時期のお守りカラーは「ゴールド」。
ゴールドは、水の星座に自信を持たせ、輝かせてくれます。人に必要とされていると実感することができ、愛情が深まるでしょう。

おわりに

5月病も乗り越え、さぁ頑張るぞ!と思ったら雨が続く日々。気分も下がってしまいますよね。自分の元気になるカラーをお守りに元気良く、頑張っていきましょう。

(樹乃/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事