2014.05.30

リラックスしながら痩せる!長風呂ダイエット


1日の疲れをお風呂で癒す方も多いと思います。お風呂でリラックスしながらダイエット出来たら最高ですよね。実は、それが実際に出来る方法があります。
今回は、お風呂にゆっくり入ることで消費カロリーが増加し痩せてゆく「長風呂ダイエット」をご紹介します。

水中と地上ではどうして消費カロリーが異なるのか?

地上で生きている動物は、変温動物と恒温動物に分類されます。
変温動物とは周りの気温に応じて自分の体温を変えることのできる動物で、その代表がワニやトカゲといった爬虫類です。
これに対して、恒温動物とは周りの気温に関わらず体温を一定に保つ動物をいいます。私たち人間を含む哺乳類がその代表です
恒温動物は体温を一定に保つために多くのエネルギーを必要とします。
つまり、水の中にいるだけでエネルギーを消費し痩せることができるのです。

長風呂テクニック

「からすの行水」タイプの方やお風呂そのものが嫌いな方もいらっしゃるでしょう。
ではどうしたらお風呂に長くいられるでしょうか?
一番簡単な方法は本を読むこと。でも一番お勧めしたいことは、お風呂場をエステサロンにすることです。キャンドルやアロマで演出するのも良いと思います。
本当のエステサロンに毎週通っていたら破産しますが、おうちをエステサロンにしてしまえば問題ありません。何より、週一回・月一回エステに通うよりも毎日セルフエステをする方が綺麗な自分に近づけますよ。

長風呂テクニック1

まずは湯船と洗い場を往復することです。
身体を洗って入り、髪を洗っては入り、歯を洗ってはまた入ります。
さらに湯船の中で脂肪マッサージや筋肉伸ばし等をおこないましょう。

長風呂テクニック2

簡単にできるフェイストレーニングをご紹介します。
まず口を大きく開けて「あ・い・う・え・お」と言います。
声を出す必要はありません。
「あ」で5秒キープ、次に「い」で5秒キープ、さらに「う・え・お」も同様におこないます。「い」は口角を上げるようにしましょう。
「う」では口で梅干しを作ります。
一周したら顔をくしゃくしゃにして顔の緊張をとります。
さらに、「あ」「い」「う」のみ各10秒キープ。一周したら顔をくしゃくしゃにしてクールダウン。
最後に「う」で顔のパーツを中心に寄せるようにし5秒キープ。
「あ」の口にしながら顔のパーツを外側に拡散させるように緊張させ10秒キープ、ラストは顔の皮膚を外側に引っ張ります。

フェイストレーニングのポイント

口を動かしている主な筋肉を口輪筋と言います。この筋肉が衰えるとほうれい線ができ、口角がさがるのです。逆に口輪筋を鍛えればこの現象を抑えることができます。簡単ですね。

最後に

綺麗になれる方法は生活の中に溢れています。手間を惜しまなければ高額な代償を払う必要もありません。
ところで汗をかくと肌が綺麗になるのをご存知ですか?表皮が皮脂膜という天然クリームに覆われるからです。
身近なところで地に足をつけた美容術を体得しましょう。その第一歩が半身浴での長風呂です。是非お試しあれ!

(林田玲子/ハウコレ)

関連記事