2014.05.29

恋愛相談を誰にする?戦略的恋バナのススメ・4選


修学旅行や友達との旅行で、話題が尽きてくるうえに、室内にこもることの多い夜に繰り広げられるのが恋バナ、恋愛相談。大好物ですよね?
そんな恋愛相談、誰彼かまわず適当に話していてはいませんか?それはもったいない!
恋愛相談にうってつけの相手を見逃しているかもしれません。ご紹介します。

1. 長年リア充カップル

「7年間うまくいってるカップルからの助言はとっても助かる!落ち着いた夫婦みたいな二人から、男女の意見が聞けるから。」(25歳/医療系)

何年も続いているカップルには、様々な荒波を乗り越えてきた経験があることでしょう。好きな人ができたの・・・という恋愛導入編の相談に関しては、ちょっとブランクがあるので厳しいかもしれませんが、カップル間でのいざこざで悩んでしまったら、駆け込み寺は長年リア充カップルに決定!

2. 好きな人かぶり疑惑女子

「まあ、けん制するためですね(笑)もし被ってるなら確かめておきたいし、できれば諦めてほしいから。」(19歳/学生)

戦略的に恋愛相談をするなら、同じ人を好きかもしれない女子へのリサーチは必須!できれば知りたくない・・・なんて甘ったるいことを言っていると、知らない間にとられてしまっているかも。覚悟を決めて、もし被っていたなら宣戦布告するくらいの勢いで切り込みましょう!

3. 男友達

「一番一緒にいて楽しい男友達は、私のことをちゃんとわかってくれてるんですよ。冷静な意見をくれるから、女友達よりも参考になる。」(18歳/学生)

仲のいい男友達はいますか?もしいるのなら、活用しないでおいてはもったいない!恋愛はいくら女子同士で話し合っていても「男ってよく分かんないね」という諦めか、「まあ、頑張ろうお互い!」というような結論しかもたらさないことが往々にしてあります。男子目線のアドバイスを仰ぎましょう。

4. お母さん

「なんだかんだ味方でいてくれる存在だから、思わず悩んでること話しちゃうんです。」(19歳/学生)

一人っ子の筆者はこのマザコン的意見にちょっと同感。ふと家で二人になったとき、買い物に出かけてご飯を食べている時、ふと相談したくなる時があったりするのです。大抵の場合背中を押してくれますから、安心して相談しましょう。

5.逆に相談したらダメなのは・・・?

「非リア女子は、非リアワールドから抜け出そうとする反逆者を許さないから、恋愛相談はしないほうがいい。」(28歳/営業)

非リア女子は、非リアの世界から飛び立とうとする者を良しとしない傾向がありますからね。あまり真剣に相談するべき相手じゃないかも。

「アラサー独女の先輩と飲んでる時にぽろっと彼氏の愚痴を言ったら、目つきが変わった。翌日から顔を合わせづらい。」(25歳/広告)

お酒の勢いがなければ、アラサーの独女にリア充香のする話ができる猛者はいないかもしれませんが、相手をイラッとさせる可能性が100%に近いですから、くれぐれも気を付けて。

おわりに

恋バナって、青春っぽいですよね。関西に住んでいた先輩が青春=鴨川だと言っていて、東京には青春とイコールで結ばれるスポットってあるのかな?と考えたんですが、出てきませんでした。これは東京のせいなのか、私の青春不足なのか・・・とにかく、恋バナは若いうちにたくさんしましょう。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事