2014.06.05

大好きな彼に会えないときの対処法・5つ


大好きな彼、24時間彼のことを考えちゃうし、『仕事忙しんだ』って言われてもほんとはわたしのこと嫌いになっちゃったのかな?会うのがめんどくさいのかな?と色んな妄想が頭の中をよぎりますよね。そんなとき『ほんとはわたしのこと好きじゃないでしょ』とネチネチ言うのも、怒るのも逆効果。今回は大好きな彼に会えないときの対処法5つをご紹介します。

1.自分だったら?って考える

もし、突然仕事で大役を任されたら、親友や家族が悩んでいてあなたに助けを求めてきたら、友達と遊びに行ってすごく楽しいと感じていたら、自分の大好きな趣味に没頭していたら…瞬間的にそのことに夢中になってしまうのではないでしょうか。そういうときは彼がいくら大好きでもそっちを優先したくなっちゃうんじゃないでしょうか。そんなとき
『思う存分頑張ってこいよ!』『思う存分楽しんでこいよ!』って言われたらすごく嬉しいです。でも、『オレのこと嫌いになったの?』なんて疑念や、『いつなら会えるの?』と催促、『◯◯ちゃんが会いたくないなら別にオレも会いたくないけど』という嫌味なんかを連発されたら、嫌いになっちゃうんじゃないですかね。女だって器の大きさが大事。かっこ悪い対応はダメです。

2.逆境のときこそ人間性がでると知る

人間って余裕がないときや一杯一杯なときほど人間性がでますね。初めてのデート、雨が降ってきたり、電車に乗り遅れたりと予期せぬ出来事が起こって、彼がオロオロイライラ。なんだか幻滅した経験はないですか?会えない時ほど女性が逆境の対処法をみせられるチャンスです。『仕事頑張ってね。落ち着いたら思う存分に会おうね』ってニッコリ言っちゃいましょう。『仕事とわたしどっちが大事なの?』『ほんとに仕事なの?』『わたしのこと大事じゃないの?』と口走ってしまえば、仕事が忙しくなくなった後も、彼は会うテンションが下がってしまいます。

3.彼の言い訳を真に受ける

どんな理由を聞いたにしろ、結果会えないとなれば『それって会いたくない口実なのかな?』『浮気してるのかな?気になる子ができたのかな?』とあらゆる妄想がわいてくるものです。それは好きであれば好きであるほど妄想が激しくわくもの。そういうときは彼の言い訳を言葉どおり間に受けてしまいましょう。嘘だったとして騙されたくないって気持ちはわかります。でも彼からすると、会えない理由が正当だったとしたら、信じてくれた彼女がますます好きになります。口実だったとしたら、けなげな彼女にちょっぴり罪悪感を抱くことになります。どっちにしても言い訳は間に受けた方が得なのです。

4.ひとまず忘れる

そうは言っても、会えないときはつらいですね。そんなときは趣味や仕事など自分の好きなことに没頭してひとまず忘れてしまいましょう。彼との間で決まっている約束事、例えば毎日電話はする、とか、1日に一回メールをする、とか、週に一回は会うとか。こういう決まってる約束事だけを果たして、あとは忘れて過ごしましょう。彼が約束事を果たさないときも淡々と自分の役割をこなし、彼を責めてはダメです。

5.腹をくくる

それでも心が穏やかでないとき。乱暴な言い方ですが『もう彼と終わってしまっても構わない』と腹をくくりましょう。これは彼に『もう別れよ。』と宣言するわけではありません。淡々と日々を過ごし、別に彼と終わってしまってもいいやと腹をくくるのです。彼に対する欲望が消えてしまうと、形成は逆転します。彼の方が逆に追いかけてくるようになります。人間の本能なので、いいとも悪いとも言えませんが『去る者は追いかけたくなり追われると逃げたくなるもの』です。よそおっても本能が感知するのでバレます。彼に対する執着心をきっぱり捨てた瞬間に彼から追われる存在になります。

おわりに

いかがだったでしょうか?大好きな彼と会えないのは寂しいことですが、会えない時間が愛を育てるとも言います。会えないことを我慢するとどうしても卑屈な態度が伝わってしまい、彼の罪悪感を増幅させます。基本的に、男性は罪悪感を抱くと悪いな、と感じ女性が喜ぶような行いをしようと努力します。しかし、罪悪感抱きすぎると、今度は『オレには所詮喜ばせられない。オレはダメだ』と落ち込み自信をなくします。そしてそうさせた女性を嫌いになります。彼の罪悪感をピーク値以上にさせないためにも、会えない時間を我慢するのではなく、楽しむようにして、心地よい対応と快い態度を心がけましょう。

(内野彩華/ハウコレ)

関連記事