2014.06.07

寝ているだけで幸せになる!寝室風水で運気をあげる方法とは?


眠っている時に運気の入れ替えをしているって知っていましたか? 日中溜め込んだ悪い運気を浄化し、良い運気を取り込めるのは、眠っている間だけなのです。風水では寝室がとても重要視されるのもそのためです。それでなくても、睡眠不足は肌あれや太りやすい体質を作る原因にもなり、女子のキレイの敵。
今回は、そんなキレイと恋愛運を高める寝室の風水をご紹介していきます。

寝室に置いてはいけない3つのアイテム

〇鏡(寝姿が写らないようにする)
風水では寝姿が鏡に映ると運気を吸い取られ消耗していくと考えられています。できれば寝室には鏡は置かない方がベターですが、他に置き場所がないときは寝姿が映らないように布をかけたり、眠る時には裏返しにしておきましょう。

〇電磁波を発生させるもの
パソコンやオーディオなど電磁波を発するものは、寝室に置くのを避けた方が良いだけでなく、できれば寝る2時間ぐらい前はパソコンを使わないようにするのがおすすめです。また枕元に置くのは特にNGなので、スマホも眠るときは離して眠るようにしましょう。

〇黒や濃紺のファブリック
各お部屋の用途によって「陰」と「陽」に分けられますが、寝室は「陰」の気になります。なので「陰」の気を強めてしまう「黒」や「濃紺」をベッドカバーやカーテンなどに使うのは避けましょう。

ベッドを置く位置で避けた方が良い3つの場所

〇ドアの真正面
風水では「気」がまっすぐに進むことを嫌います。外から入ってきた「気」はドアの真正面の壁へと向かいますが、このエリアは気が直撃するので、このエリアにベッドを置くのは避けましょう。

〇天井の梁(でっぱり)の下
天井に梁(でっぱり)がある場合、その下で寝ると圧迫感や不安感を高め、夢見が悪くなるとされています。避けられない場合は、梁の部分を布で覆って圧迫感を軽くしたり、天蓋をつけるなど工夫してみてください。

〇窓の下にベッドの頭をくっつけないようにする
ベッドの頭は、壁にぴったりくっついていることが理想的です。ベッドの横側に窓がくるのは良いレイアウトですが、窓の下にベッドの頭がくるのはできるだけ避けましょう。

恋愛運をあげる寝室風水アイテム3選

〇フラワーモチーフのファブリック
恋愛運を上げてくれる強い味方がお花。ベッドカバーやクッション、またナイティなどには花柄のものを選んで恋愛運を高めましょう。また本物のお花を寝室に飾るのもオススメです。ただし、枯れないようにこまめに水換えをしましょう。

〇アロマの香り
香りは脳に働きかけ、幸せな気持ちを呼び覚ましてくれる媚薬です。特に恋愛運をあげたいときにオススメなのが「ローズ」です。また女性特有のサイクルを整えてくれる「ゼラニウム」や心の浄化に「ラベンダー」の香りもオススメです。お気に入りの香りに包まれて眠ると寝起きがびっくりするぐらいすっきりしますよ。

〇キャンドル
眠る前に、ほんの2~3分でいいので、何もしない時間を作りましょう。部屋の電気を消し、嫌なことも、辛いことも炎と一緒に燃えていく…そんな思いでただぼんやりキャンドルのほのかな明かりを見つめてみましょう。揺れる炎には気持ちを落ち着かせ、日常の慌ただしさや緊張感から解放してくれるでしょう。気持ちをほぐしてからゆっくりと眠りにつきましょう。

最後に

寝室の風水で大切なことは「いい気持ちで朝すっきり目覚められる」ことです。そのために、寝室に置くものとベッドの置く位置は特に気を配り、しっかり睡眠をとれるようにしてくださいね。人生の3分の1は眠っている時間です。そんな大切な時間を過ごす寝室の風水を整えることで、運気をあげていきましょう。

(ほしのえな/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事