2014.06.13

小中学校でモテる女子=高校でも大学でも無敵!なワケ・4つ


小学校や中学校は色恋に忙しいタイプとそうでないタイプがパキッと綺麗に分かれていませんでしたか?恋愛なんて漫画の世界で、自分には関係ないと思っている子と、10歳前から恋に目覚めるおませさんの2グループ。その2グループの格差は、10代後半になっても、20歳になっても、意外と変わっていないと思いませんか?
モテ女たちへの取材から、そのワケが見えてきたのでご紹介します!

1.自信がある

「元カレたちに褒められると、自然と自分に自信がつくから、どんどん肉食女子に育っちゃった!」(20歳/学生)

10代から男子たちに「可愛い」「好きです」「付き合って!」と言われながら育ってきた女子は、何の声をかけられず育ってきた女子よりも、格段に自分に自信を持ちやすい環境にいます。そんな自信ありげなキラキラオーラは、後付けできるのもではないのかも。「私なんか・・・」と引っ込んでしまうと、負けが決定してしまいます。

2.経験値の高さ

「男の子と話すのとか、喜ばせるのとかに慣れてくるから、大体どうすれば好かれるのかが自然と身についてきた。」(18歳/学生)

モテテクを10歳頃から無意識のうちに身につけていたのでしょうか?子供とて、その経験値は侮れません。スポーツと同じで、未経験者が経験者に勝つのは難しいこと。はやくから恋愛市場で経験を積んできた女子は先輩、もはや師匠です。そんな師匠から遅れること数年、恋愛市場に恐る恐る踏み出したのなら、師匠を越えるには相当な鍛錬が必要です!

3.男子とのつながりが多岐

「幼馴染の友達に紹介してもらうことが多いかな!小さい頃の友達は、意外と大事な存在になるから、連絡しあってたほうがいいよ」(19歳/学生)

小学校・中学校の男友達とまだつながっていますか?小さいころ精神年齢が低いなーと思って上から見ていても、10年くらいすると見違えるほど良くなっている男子もいます。小さい時から男友達をたくさん作っておけた女子は、数年後にその威力を発揮し始めます。

4.すっぴんが可愛い

「多分男子ってナチュラルメイクが好きだから、あんまりメイクをしないほうがモテる!」(20歳/学生)


結局顔か!元も子もない!でも、これが現実だったりするわけです。小学校のころはみーんな素っぴん。その状態で男子から好かれるということは、単純に可愛いのです。いくら大学デビューをして、メイクで可愛い顔を作っても、一枚はがせば錆だらけ・・・とは言いませんが、本来のナチュラルフェイスを隠し通すことはできません。すっぴんが可愛く、ナチュラルメイクでも様になる女子たちを越えるのは至難の業です。

おわりに

小学校のころにモテていた私の同級生たち、同窓会を開いてみたら子供がいたり、SNSがリア充すぎたりして、「やっぱすごいな」と思うこともしばしばです。恋愛のことで悩みがあったときは、同世代でも諸先輩たちは周りにいるので、意見を聞いてみると参考になるかもしれませんね。


(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事