2014.06.17

男子ドン引き!若いのになぜかオバサンくさい女子の特徴・4つ


若いのに、なぜかオバサンくさい女子っていますよね。そんな女子を見ると男子は、言葉にはしなくても心の中で確実に引いてしまいます。今回は、男子から見て「オバサンくさい女子の特徴」をご紹介いたします。

1.肌やボディラインを出さない地味なファッション

「隠したいのかと思うほど、徹底的に肌を出さない女のコはオバサンっぽい。肌だけじゃなく、体のラインも出ないようにゆったりした服ばかり好んでいたら、もうオンナとして見られるのを嫌がっているとしか思えない」(24歳/美容師)

見ていないフリをして、意外と見ているのが男子というもの。「ペタンコ靴やスニーカーにだらんとしたロングスカートといったラクな格好の女子ってオバサンくさい」という声もありました。ファッションに女としての意気込みが感じられないとオバサンっぽく見えるということでしょう。

2.体形を気にしない

「明らかに太っているのに、体形を気にしない人。食欲を優先させて運動をしないとか、女を捨てていると思う」(25歳/金融)

「ぽっちゃりしていても、自分を磨いたり、ダイエットに一生懸命な女子は可愛らしい」という意見もありましたが、やはり体形を全く気にしないのはアウトだそうです。また、「ボリュームのある体でゆっくりと面倒くさそうに動くコってオバサンみたい」という声もあるので、けだるそうに動かないように気を付けましょう。

3.流行りの話題についていけない

「いまだにガラケーを使っていたり、流行りのお店を知らなかったりすると、ちょっとオバサンっぽいなーと思ってしまう。そのくせ、芸能ゴシップにはやたらと詳しかったりするとドン引き」(27歳/不動産)

噂話が好きだとオバサンっぽいと感じてしまいますよね。そのうえ、ゴシップネタには詳しいのに、実際に流行っているアイテムやお店などに疎いと、どうしてもオバサンくさいと思われてしまいがちです。テレビや週刊誌の情報だけでなく、リアルに遊びに行ったり新しい物を取り入れたりしないとオバサン化してしまいます。

4.体の不調を大声で話す

「腰が痛いとか胃がもたれるとか、体の不調を大声で話しているとオバサンっぽさを感じる。逆に、いつも元気で颯爽としていると、実年齢より若く見えたりする」(26歳/メーカー)

年をとれば、体にも何らかの不調が出てくるものです。しかし、若いうちから体が痛いと言っていては、なんだか老けて見えるのも無理はないでしょう。疲れることはあると思いますが、それを笑顔と元気でカバーすることが若さのアピールにもつながります。

おわりに

「オバサンくささ」とは、年齢以上にその人の気の持ち方からにじみ出るものだと思います。オシャレよりラクを求めたり、異性の目を気にしなくなったり、流行に無頓着になったり……。そんなオバサン気質に男子は敏感で、恋愛はオバサンっぽくない女子としたいというのが本音のようです。オバサンくさくなるかどうかは、気持ち次第!いつまでも素敵女子でいられるように気を付けましょう。

(桜井結衣/ハウコレ)

関連記事