2014.06.29

ほめ上手なモテモテ女子になる方法・4選


「ほめる」とひとくちに言っても、モテるほめ方とモテないほめ方があるのをご存知でしょうか?思い出してみてください、周りの女子の中でやたらとほめ上手な女子はいませんか? その子がほめると皆喜ぶのに、自分がほめたると何だかわざとらしかったり・・・。

ほめるという行為は、一歩間違えたら嫌味に聞こえてしまう場合もあるのは皆さんお気づきだと思います。そのため、ほめるのが苦手って言う方も多いのではないでしょうか?
そんなほめ下手な貴方に!男性でも女性でも使える、ほめ上手になってモテモテになる方法を伝授します。

1.目を開き気味でほめる

ほめるときに一番注意したいポイントは、わざとらしくない感じで相手をほめることができるかどうか!

初級としてオススメの方法は、目を大きく開く事。
人は、驚くときや感心した時に反射的に目を大きく開けるという癖があります。ですから、ほめる時に目を少し大きく開けるだけで、真実味が出てくるのです。いつもより少し意識するだけでも効果的なので是非試してみてください。

2.リアクションは大きく

ほめる時にリアクションがなく淡々とほめるのも勿論悪くはないのですが、手振りやうなずきをプラスするだけで、ほめられている相手側の印象はだいぶ変わります。

話をしている時に身振り手振りをするというのは、まさに感情が動いている証なので、本当にほめている感じを出すのには効果絶大!

「凄いよね~」と言いながら少し頷く仕草を入れるだけで印象は変わるので、意識してみましょう。手を叩いたり、口に手を当てるのも効果的です。

そして、まだまだ細かなポイントがあります!

3.手に力を入れる

ほめる時に、手にギュッと力を入れてみましょう。勿論、相手に見せるように力を入れるのがポイントなので、左右の手を握り合って「お願いポーズ」や、左右の手をグーにして前に出す「ガッツポーズ」等がオススメです!

手に力を入れる仕草を見せると、不思議に言葉に説得力が出るのです。この方法は、ほめられた相手を「何だか凄くほめられている」という気分にさせる事が出来るので、小技の中の小技なのですが、こちらもほめる時の応用として使ってみましょう。

そして更に・・・真のほめポイントがあるので覚えてください。

4.具体的にほめる

例えば会社等で「○○さんの作業が遅いから片付けといたよ!」と声をかけられたとします。

その場合「流石、○○さんは、頼りになりますね!凄いですね!」だけでは、いくら褒め言葉を並べても具体的ではないので、褒め言葉としては弱いのです。

この場合は「遅い」というフレーズがキーワード!!!

この場合、「やっぱ早いですね!早くて凄いです!」と早さを褒めてあげましょう。キーワードを見つけ、具体的にほめる事が出来る人と出来ない人では雲泥の差!なるべく具体的にほめる癖をつけましょう。

おわりに

以上の事をふまえて具体的にほめる事が出来たら、相手のハートはガッツリいただいたも同然!気持ちよくほめてもらえれば相手も気分が良くなってくるので、そのサインとしてどんどんほめてほしい箇所をさらけだしてくるでしょう。

モテるほめかたさえマスターすれば、恋愛のシーンでもビジネスのシーンでも、貴方は最高の印象を与える事ができると思います。是非試してみてください。

(浜田ブリトニー/ハウコレ)

関連記事