2014.06.30

ボンビー女子にオススメ!日常感でキュンとさせる「擬似夫婦デート」・4選


デートって何かとお金がかかりますよね。記念日には二人でそれなりのお店でご飯を食べたい、誕生日には年相応のいい物をプレゼントして、豪華な食事をおごってあげたい・・・だからこそ日々のデートでは節制が必要。ただ、節約デートと聞くと、ファーストフードの店で5時間くらい粘るとか、家から出ないで借りてきたDVDを見るなどという冴えないデートが浮かびがち。
でも、実はもっと良い節約デートがあります。名づけて「日常感にキュンとさせる擬似夫婦デート」。その詳細を、男子からの声を参考にご紹介します。

1. スーパー買い出しデート

「冬に一緒に鍋をしようと思って、近くのスーパーにいって、中に入れる具材についてもめながら買い物をしてたら、なんかほっこりした気持ちになりました。」(25歳/営業)

スーパーといえば日常。主婦の皆さんが家族のための食事を買う場所であって、デートには向かないかと思いきや、あのスーパーならではの、あの雑多な雰囲気や、ちょっと古臭いBGMが日常感を掻き立てながら、二人の関係の安定感や安心感をふと思い起こさせてくれるみたいですね。一緒に食べるご飯の買い出しには、ぜひ彼を家で待たせず連れて行ってあげましょう。

2. IKEAショッピングデート

「涼しくて、長居できて、行ったことが無いところ=IIKEAだったのでブラブラしにいったら、一緒に住む前提で会話してることに照れた。」(24歳/公務員)

それぞれが別々に使うもの、例えば洋服や雑貨を選ぶのではなく、家具や照明を選ぶのは、一緒に使うことを前提に選べるのが醍醐味。まさに新婚さんが一緒に住むために家具を選んでいるみたいな特別感があります。お皿とか、ゴミ箱とか、小さい買い物でも、あえてIKEAなどのモールに行って、ついでに机やソファーを冷やかしながら見るのも楽しいかもしれません。

3. イオン系モールデート

「田舎なので、イオンしか近所にないんですけど、あそこ子連れが多いんですよね。フードコートで走ってきた子供とかをうまくあやしてる彼女を見て、不覚にもドキドキしちゃいました。」(19歳/学生)

母性に反応してしまう男子は多いみたいです。普段のデートスポットには子供を連れた家族よりも、同じような若者カップルが多いのではないですか?周りの環境をガラッと変えてみるのは効果的!ほかには動物園や水族館などがありますが、入場料無料なイオン系は使えます。

4. ご近所お散歩デート

「家でゴロゴロするのも飽きたので近所を散歩してたら、犬とか花とか見ながらスゴイ熟年夫婦っぽい会話をしていた。こんな落ち着ける相手は大事だなーとしみじみ。」(25歳/IT)

もっさりしたお散歩デートも、たまにはいいかもしれません。まさに休日の夫婦さながらの落ち着きをもって、まったりと話ができます。街中デートだって毎回散歩しているようなものだという声もありそうですが、見るものも目的も無く、刺激がほぼゼロのところを歩くと、自然と今まではしたことのない話も落ち着いてできてしまうそうです。テレビやスマホの画面とにらめっこするのを止めて、落ち着いて二人だけで話す機会を作ってみてはどうでしょう?

おわりに

最近、落ち着いて二人で話しをできていますか?フェス、花火、BBQにビアガーデンなどなど、イベント事に事欠かない季節ではなりますが、ざわざわと賑やかな場所だけではなく、もっと落ち着ける場所に行ってみてはどうでしょう?

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事