楽しいだけじゃない!?同棲すると「別れたい」と思い始める理由・4つ


こんにちは、ぽこひろです。
とくに学生のみなさんの中には、今付き合ってるカレと早く社会人になって同棲がしたい!なんて思っている人が多いハズです。

二人とも学校の近くに一人暮らしをしていれば、片方の家に転がり込んで半同棲みたいなのもできますが、どっちかが実家暮らしだったりすれば、それもできません。同棲って、毎日好きな相手と一緒にいられるようになるわけですから、そりゃしてみたいですよね。

しかし、同棲はいわばカップルにとって試練でもあります。弱いカップルはここで脱落して別れてしまう。そんな危険性もはらんでいるんです。
そんなわけで今回は、20代女子20人の「やってみてわかった同棲のデメリット」について聞いてみました。

1.カレのアップダウンが激しい

「まず同棲してみてわかったのは、カレが意外に気持ちの浮き沈みがとても激しかったことかな。同棲前は、デートのときにはいっつもテンション高いしめっちゃ面白かったんだけど、一緒に住んでみると実は普段は静かで暗い性格ってわかった。機嫌も悪いときは気を遣うし、イメージと違ったなぁ」(大学生/23才)

同棲前のカレとのイメージギャップは、かなりのインパクトなはず。
少なくとも、それまでの明るくて陽気でユーモラスなカレと、そのまま同棲できるとは思わない方が良さそうです。

2.ケンカになるとヤバイ

「同棲で大変なのは、ケンカのときだよね。別々に暮らしてれば、ムカついたときはしばらく連絡とか無視すればいいけど、同棲してるとどれだけ険悪でも、一緒に生活しないといけない。ムカついた相手と寝食ともにするのって、かなりのストレスだよー」(AD/27才)

これはその通りでしょうね。同棲で覚悟すべきは、どんなことがあっても同じ部屋で過ごさなくてはならないことの辛さ。とくに、若いうちは一人一人に部屋がない場合が多いでしょう。二人でワンルームは、かなりしんどいですよ。

3.ごはん作るの大変

「女子の側が同棲でなにが大変かっていうと、ごはんだよね。
たまに、彼氏のために料理作るの楽しーとか言ってる子いるけど、同棲したら楽しいだけじゃ続かない。疲れてても買い物して帰って作らないとだし、飽きがこないようにバリエーション出さないとだし、毎日となるとホントに苦行だよ(笑)」(経理/27才)

同棲して、ごはんを作るというのは、週末にカレの家でごはんを作ってあげるのとは全く別物です。子供の頃からやり慣れててかなり料理が得意な人か、そうでなければ料理はカレと分担すべきでしょうね。

4.金銭感覚のズレ

「同棲すると、だいたい二人の財布が一緒になったりするじゃん? ワリカンで、家賃払ったり、食費払ったり光熱費払ったり。そういうときに、片方が高い食材買いまくったり、エアコンつけまくったり、そこらへんの感覚が合わないと『二人のお金を大事にしろ!』ってキレそうになる」(公務員/25才)

金の切れ目が縁の切れ目、なんて言葉もあるくらい、人間関係とお金の関係は切ってもきれない間柄です。今のうちからデートなどで、カレがどのくらいお金にルーズかを把握しておくことが大事でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
今後、カレとの同棲を夢見ている人も多いと思いますが、同棲してから別れてしまうカップルも決して少なくないのが事実。夢ばかりでない、辛さはあるんだ。この認識をもって、同棲するかどうかの決断をしたいものですね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)