2014.07.10

キメ顔写真は可愛くない!?男ウケする神アイコンは◯◯だった!


自分撮り、好きですかー!?(アントニオ猪木風に)。女子なら誰もが一度は撮ったことがあるであろう「自分撮り」。最近では当たり前のように鏡の前で、ベッドで、道端で、はたまた公共のトイレで(!)、誰もがぱしゃぱしゃと撮影していますよね。何百枚も撮影しているうちに、ついつい「可愛く撮れる角度は、自分が一番わかってる!」なんて思いがちですが、客観的にみて、その「自分撮り」はどうなんでしょうか?
今回は男性の本音を探りつつ、男ウケする神アイコンを調査してみました!

キメ顔」写真はモテない!?

Q:SNSのアイコン写真で「これはない!」と思ったものはありますか?

A:「キメ顔写真って好きじゃないです。なんか化粧濃くないですか?目がガチで怖い。(学生/22歳)」
A:「女子のばっちりキメた顔で撮ってる写真。ナルシストっぽいし、表情がなくて人形みたい。(教員/32歳)」
A:「ばっちりキメて撮ってる写真は、隙がないしどこがいいのかわからない。(金融/27歳)」

自分撮りで一番やりがちなキメ顔。男性ウケはあまりよくないようですね。無表情なのに目はしっかりとカメラ目線、光を飛ばしまくっている自撮り写真は、男性にとってキレイというよりコワイのかもしれません。
それでは一体どんなアイコンがモテるのか、聞いてみました!

モテアイコンの心得1:ナチュラルであれ

Q:どんなアイコンの女性が「いいな」と思いますか?
A:「誰かに撮ってもらったような自然な写真が一番いい。飲んだり食べたりしているとことか。(広告代理店/26歳)」

出ました、男性の好きな“自然体”。ナチュラルメイクがいいとか、無垢な女性が好きとよく聞きますが、男性は女性の「つくられていない感」に幻想を抱くようです。ここはいっちょ、自然体を演じてみるのはいかがでしょうか? 自撮りでナチュラル感を演出したい場合は、目線をはずしたり、あえて横顔を撮影するなどして、「自然体」をつくってみるのがいいかもしれませんね。

モテアイコンの心得2:表情豊かであれ

Q:「どんな写真で写っている女性が素敵だと思いますか?」
A:「表情豊かな子が好き。無邪気に笑ってたり、びっくりしている顔にやられます。(24歳/大学院生)

女性は顔のパーツひとつひとつを見て相手の顔をジャッジする傾向がありますが、男性は顔のパーツよりも全体の雰囲気を重視するようです。カメラを意識しすぎている写真はアイコンにしないほうが無難。こわばってキメた表情よりも、ふっとほどけた素の表情に魅力を感じるみたいですよ!

モテアイコンの心得3:カジュアルであれ

Q:「どんな写真で写っている女性の姿にぐっときますか?」
A:「ふだんは見せないようなラフな感じ。無造作ヘアとか寝起きっぽくて好きです。(26歳/教員)

女性の見せる「隙」に男性は弱いそう。アイコン写真にする画像は、かっちりした服装ではなくラフなものを選びましょう。普段見せない姿にドキッとするかもしれません。また、完璧に巻いた髪の毛や、尖ったネイルなどはあまりウケがよくない様子。アイコンには、多少気の抜けたと思われる画像をチョイスしたほうがよさそうですね。

モテアイコンの心得4:ミステリアスカバーを心掛ける

Q:「顔が隠れているアイコンってどう思いますか?」
A:「不自然でなければ、どんな人だろう?って気になる。(SE/27際)

TwitterやFacebookなどのSNSは、ついつい相手のことを知ったような気になるツールです。だからこそアイコンは「全部は見せない」ことが大切。顔の一部を隠すことで「もっと知りたい」と相手の興味をそそることも。
またコンプレックスがある人も上手にカバーすることで、ミステリアスな雰囲気を演出することも可能です。丸顔が気になる人は手で両頬を包んだり、口元が気になる人はアイスを食べているふりをして隠したり工夫してみるのもいいかもしれませんね。

おわりに

女性が思う「カワイイ」と男性が思う「カワイイ」は似ているようで違います。お洒落にキメた写真よりも、ちょっと間の抜けた親しみやすいアイコンを選ぶのがコツのようですね!

(小林リズム/ハウコレ)

関連記事