2014.07.16

「30歳越え既婚女性」の恋愛アドバイスが役立つ4つの理由


結婚が女性の幸せの全てではなく、最近では「子供はいらないから結婚に魅力を感じない」と独り身を貫く方も多いですが、やはり、一人の男性から深く愛され結婚した女性は勝ち組の一つのタイプと言えるでしょう。

そんな勝ち組である30歳以上の既婚の女性に恋愛相談をして上手く言った!という方々も多いらしく、”30歳越え既婚女性”のアドバイスが的確である理由が見えて来ました。

1.いろいろな種類の恋愛を経験しているため

「恋愛相談をした時に、いろんな恋愛をしてきているので、様々な角度からアドバイスをくれるので嬉しいです。私の気持ちもわかってくれた上で、彼の立場を尊重したアドバイスをくれたので、それを実践したらうまくいきました。」(23歳/化粧品)

やはり20代前半と30代以降の女性となると恋愛の数が違います。付き合った人数ではなく、1人の男性と付き合っている中でも、様々な出来事や段階を経ているので、思っても見なかった視点からの意見を聞くこともできます。

2.いろいろなタイプの男性を見て来たため

「私が彼のことが理解できず悩んでいた時に、先輩から『まだまだそんなの可愛いもんだよ!』と言われて話を聞いたら、彼以上に問題がある男性も世の中には多いんだなとわかりちょっと安心したことがあります。さすが年上なだけあって、いろいろな男性を知っているなと感じました。」(24歳/アパレル)

30年以上生きていると、彼氏に限らず、職場や飲み会などでいろいろなタイプの男性を見ています。男性の奇行の数々も熟知した上で、それを受け入れる器があるなど、年を重ねたからこそわかることを多々知っているようです。

3.結婚しているということは、少なくとも1人の人から深く愛されている証拠

「彼が浮気性ですぐ他の女性のところに行きがちだったので悩んでいたんですが、既婚の先輩に相談した時に、昔は先輩も同じような悩みを抱えていたと知りました。でも今は、旦那さんをコントロールする術を身につけ実践されているみたいで、結婚してすごく幸せそうです。私も教えてもらった方法を実践したいと思っています。」(25歳/事務)

もちろん結婚には様々な形があるけれど、結婚は愛し合ってするもの。多くの人に愛される必要はなく、たった一人で良いので、自分を幸せにしてくれる人を見つけることができたのは、ある意味恋愛においての勝利者なんですね。

4.結婚したからこそ、恋愛期とは違う価値観を持っている

「既婚の先輩と話をしていると、本当に恋愛と結婚は全然違うというのを身に染みて感じます。だからこそ、恋愛期に何をしておかなければならないとか、幸せな結婚をするために何を基準に男性を選んだら良いかなどを教えてもらっています。」(23歳/出版)

結婚はしてみなければわかりませんが、恋愛とはやはり異なるもの。結婚したからこそ、恋愛期にいる女性に、「やっておいた方が良いこと」のアドバイスが可能であり、幸せな結婚をするために必要な男性選びのアドバイスもできるんですね。

おわりに

部活に入ったら先輩からマナーやルールを教わるように、社会人になったら仕事の仕方を教わるように、恋愛も先輩方から男性についてや付き合い方を教わるのも当然の流れのようです。今度恋愛相談をする時には、友達ではなく、勝ち組の先輩方にしてみてはどうでしょう?

(栢原陽子/ハウコレ)

関連記事