2014.07.19

てへぺろ♪が似合う舌に!「舌磨き」で女子力アップする方法


突然ですが、あなたは自分の舌を、自信を持って見せることはできますか?
少しでも不安を感じた方は、自分の舌がどうなっているのか、こっそり鏡でチェックしてみてください。
今回は、知っているようで知らない「正しい舌のケアの仕方」について、今回はお話ししていきたいと思います。

1.正常な舌ってどんなもの?

正常な舌とは、全体がピンク色で、うっすらと白い「舌苔(ぜったい)」がついている舌です。
もっと詳しく言うと、舌苔は通常、舌先と舌のふち周りの1cm内側から奥にかけて付いているのが正常です。

2.舌苔とは?

ところで、舌苔とは何かご存知ですか?
舌苔とは、食べかす、細菌、唾液の成分などが舌についたものをいいます。
また、舌苔はもともと白いので、口にした飲食物によって色が変わりやすく、カレーを食べたら黄色くなるし、ココアを飲めば茶色くなります。
さらに、タバコを吸う人の舌苔は黄色い場合が多いです。
舌苔は朝起きた時や緊張した時に増えます。
というのは、舌苔は、通常唾液で流されるものなので、唾液の量が減ると増えてしまうんです。
舌苔がうっすらと白く付いているのは、舌のヒダの間に入りこんでこびりついているため。でも、これが正常な舌の状態なんです。
ただし、舌苔があまりにも多いと、口臭の原因となってしまうので、注意が必要です。

3.舌のケアってどうしたらいいの?

口臭の原因になりうる舌苔ですが、ちょっとした心がけで減らすことができます。
舌ブラシやガーゼなどを使って優しく取り除くようにしましょう。
ただし、舌は顔の皮膚よりもさらに敏感なので、やりすぎに注意してくださいね。やりすぎると、舌にある「味蕾(みらい)」という、味覚のセンサーを傷つけて、味覚障害を起こしてしまうこともあるんです。
ですから、出来れば、週1回くらいを目安にお掃除してあげてくださいね。

4.舌を鍛えれば小顔になれる

歯を磨くついでに、舌を使って小顔になれる簡単な体操をしてみてはいかがですか?

・まず舌を5秒間、前方へのばす
・次に5秒間、舌を鼻に付けるイメージで上へのばす
・今度は5秒間、顎に付けるイメージで下へのばす
・最後に歯茎に沿って左右に一回ずつ回す

たったこれだけなので、すごく簡単。
どんなに忙しい人でも、夜の歯磨きの際に取りいれれば続けやすいのでオススメです!

さいごに

いかがでしたか?
基本的に、オトコの人はギャップに弱いもの。
例えば、普段真面目な女の子が、失敗した時に舌をペロっと出すしぐさなんか、すごくカワイイと思います。
そんな時に備えて、いつもキレイな舌でいたいですよね!

(中嶋麻優子/ハウコレ)

関連記事