2014.07.20

夏本番までに!ほっそり美脚を手に入れる「食べるダイエット」


夏はショートパンツや水着など、脚を出す機会も増えますよね。人のカラダは梅雨時期にムクみやすいと言われているので、夏本番までにしっかりとムクミをとっておかなければ美脚はほど遠いものに…。そこで、脚やせに効果が期待できそうな食材をセレクトしてみました!

1.脚のムクミをとるにはウリ科の野菜や果物を

夏のイチオシは旬である「キュウリ」「ズッキーニ」「スイカ」などのウリ科の野菜と果物!これらに含まれる「カリウム」とウリ科植物独特の成分「イソクエルシトリン」という成分には利尿作用があり、ムクミやすいふくらはぎの水分をどんどん取ってくれるでしょう。

2.セルライト予防

セルライトは皮下組織の血行が滞り、老廃物や水分が皮膚表面に出てきてしまう模様のようなもの。太ももやお尻周りにつきやすので、水着になると目立ってしまいますよね。
そんな憎きセルライトには、夏に旬を迎えるアシタバがオススメ。「カルコン」という成分が入っており、セルライトができにくい成分として注目されているのだそう!このカルコンは植物ではアシタバからしか採れないそうなのでしっかりと食べておきましょう。

3.締まった筋肉美脚にはタンパク質

カラダの基本は何と言ってもタンパク質!ダイエットのためにお肉や魚を大豆製品にチェンジしている人もいるかもしれませんが、そうするとしなやかな筋肉を作る材料が不足して、体重が減っても、脚はブヨブヨと締まりがなくなります。筋肉を作る際、タンパク質の他に鉄分や亜鉛なども必要となりますが、お肉や魚介類はそれらも一緒に摂取できるので、引き締まった美しい美脚にはマストです。

4.太い足はビタミンB不足かも!?

ビタミンB群が不足すると、余分な脂質や糖質などを代謝してくれなくなるので、どんどん皮下脂肪となり、足が太くなってきます。ビタミンB群を豊富に含む豚肉は、タンパク質や鉄分も入っているので特にオススメ。また、きのこ類やナッツ類からも摂れるので、おやつはスイーツの代わりにナッツ類にチェンジしてみましょう。

5.海藻類が新陳代謝を良くして脚やせに

海藻類に含まれるヨード(ヨウ素)は新陳代謝を良くしてくれるので、ワカメ、昆布
などをしっかり食べておきましょう。カラダの新陳代謝が良くなると、血流が良くなるので、脂肪が溜まりにくくなります。また海草類は鉄分も入っているので、魚介類と一緒に頂くと、ダブルで美脚効果が望めるかも!

おわりに

ムクミを改善するだけでも、見た目がほっそりしますが、これに脂肪が溜まりにくい筋肉美が備わると夏対策はバッチリですね。心がけてみてくださいね!


(丸田みわ子/ハウコレ)

【参考】
・五訂増補日本食品標準成分表 - 文部科学省
関連キーワード

関連記事