2014.07.19

改心させたい!遊び人の彼氏を夢中にさせるお付き合い術・4つ


「好きになった人がたまたま遊び人だった……」
「つきあっている人が夜遊びを辞めてくれなくてイライラ!」 
そんな女性はいませんか? 
今回は、遊び人だった彼を見事改心させ、長く付き合うことに成功している女性たちにお話を伺ってきました。

1.自分もほどほどに遊んでいるフリをした 

「重いオンナだと思われるのが嫌だったので、彼が夜遊びや飲み会に行くときは軽くいってらっしゃ〜いと見送って、自分も飲み会に行っていました。女性だけの飲み会がほとんどだったけれど、その場に男性がいる風を装ったり。繰り返していたら、心配になったのか彼の方から束縛するようになりましたね。」(22歳/大学生)

「手に入っていたはずなのに、おかしい!」と、オトコの狩りの本能を刺激しているといえるこちらのテクニック。
心配になった彼は、自分が遊びに行く事よりも、彼女の動向が気になって「他のオトコにとられたくない!」という状態なってしまったんですね。

2.ギャップで尽くした 

「クラブで出会った彼は最初、私のことをパーティガールだと思っていたのだそう。まぁたしかにそうだけど。(笑)実際は、ご飯を作ったり、男性に尽くすこと嫌いじゃないんです。彼が体調を崩して遊びに行けなかった日、つきっきりで看病したらすごい感動していました!それから、クラブ遊びも辞めて私とちゃんと付き合っています。」(27歳/飲食)

クラバーって一人で過ごす夜に耐えられない、さみしがりやが多いみたいなんです。そんな彼に家庭的な優しさを与えたことで、彼はイチコロなり、見事幸せをゲットした例といえますね。

3.ほどほどに生活に紛れ込む

「男気のある遊び人タイプの彼を好きになってしまった私。最初はまったく相手にされていなかったです。あきらめきれなかったのでとりあえず、彼の生活パターンを徹底的にリサーチしました。そして、彼がいつも行っているご飯屋、飲み屋に通って、店員さんと仲良くなって協力してもらったり。遊び仲間に紛れ込むことに成功!そしたら、一緒にいるのが当たり前になって……。幸せにお付き合いしています。」(21歳/大学生)

恋を手に入れるためには、リサーチ力はなによりも大事。ストーカーと思われない程度に行うことがポイントですが、「気づけば彼の隣にいる」存在になってしまえばこっちのものということでしょうか。

4.まわりが落ち着き始めた頃を見計らった 

「自由奔放な彼。いつまでも夢を追いかけて、毎日仲間と飲み歩いているようなタイプでした。毎日、彼との将来が不安で不安でたまらなかったけど、そこはガマン。彼の親友が婚約したときを見計らって、一瞬落ち着きを見せた彼に、結婚の話をしてみたらなんとオッケーが!仕事も安定したものに変えてくれました。」(29歳/看護師)

遊び人の人って、まわりが落ち着き始めたり、以前ほど自分がモテなくなってくると、ふと落ちつきたい……と思うみたいですよ。
その瞬間を狙いましょう!長期戦覚悟です。

おわりに

いかがでしたか?

どんなに遊び人であっても、きっとどこかにツボがあるはず。その恋、まだ諦めるのは早いかもしれません。あなたもこれらの女性たちのエピソードを参考に、遊び人に見える彼との恋を前に進めてみてくださいね。

(YUE/ハウコレ)

関連記事