ポイントは「~し過ぎない」!初デートで気をつけたい4つのこと


大好きな彼と初めてのデート。ついつい気合が入り、あれこれモテ技を駆使していませんか?気合が入る初デートだからこそ、準備9割で本番は少しリラックスして挑むくらいが良いようです。

そこで、何に気をつけたら良いのか、初デートに現れた彼女が想像を越えていて驚いたという経験を持つ男性にインタビューしてきました。

1.はりきり過ぎない

「バイトが一緒の子で、いつもはバイト先でしか会わなかったんですけど、初デートの時に、一瞬誰だかわからないくらいのばっちりメイクで現れて完全に引きました。ナチュラルな感じが好きだったのにどこのキャバ嬢かと思いました。」(20歳/学生)

気合が入り過ぎ、普段やらないメイク術まで取り入れてしまうとこうなるようです。ばっちり過ぎるメイクは男性には不評であり、あくまでナチュラルな、もしくはいつもと変わらないようなメイクを心がけた方が良さそうです。

2.露出し過ぎない

「今までの経験から彼女に絶対して欲しくないのは、露出しすぎな服装です。確かに男は露出した服装は好きだけれど、それは雑誌とかTVとか、全然関係ない他人とか。好きな子のカラダは他の男には見せたくないと思うものだから、外で会う時に、露出の高い服装をされると嫌だし、軽い女みたい。」(27歳/公務員)

セクシーすぎる服は軽い女に見られてしまう可能性があります。「出すなら胸か足かどちらかに!」という言葉もあるように、少し出しつつも清楚さも忘れないくらいがデートには良さそうです。

3.無理してお洒落し過ぎない

「待ち合わせ場所に現れた彼女が大きな鞄でヒールの高い靴を履いていて、まぁ、見た目は可愛かったんですけど、デート中ずっと『荷物持とうか?』とか『足、大丈夫?』と気を使うことになりました。最後には彼女も『ちょっと足痛いからゆっくり歩いて欲しい…』と言い出すし、無理してオシャレしてデートを楽しむどころではない格好はNGです!」(22歳/学生)

どこに行くか、どうやって移動するかがわかっている時ならまだしも、初デートというわからないことだらけの場合は、たくさん歩いても大丈夫な服装で挑んだ方が良さそうです。服装一つで、彼が予定したプランを台無しにしてしまう可能性も出て来ます。

4.お酒は飲み過ぎない

「初デートで、相手も俺も緊張していた感じだったので、気持ちがほぐれるかと思ってお酒を飲んだら、彼女が急にめっちゃ飲みだして、ベロベロになってそれまでと全然キャラが変わってしまい、正直、帰りたくなりました。」(26歳/広告)

少しくらいのお酒は、緊張もほどけてその場をより楽しむことができるようになりますが、いくら緊張をほどきたくても飲み過ぎはNG。自分にとっての適量を知っておき、初デートでは失敗しないように注意!

おわりに

気合が入ってしまう時こそ、空回りしやすいものです。何事も「〜過ぎない」を意識して、自分としては少し足りないかなというくらいで初デートに挑んでみてはいかがでしょう?

(栢原 陽子/ハウコレ)