2014.08.06

2人の未来予想図!?銀座で大人な「銀ブラデート」を楽しむコツ・4つ


夏休みには、カレと海や花火に行く予定を立てて盛り上がっている人も多いはず。
でもそんなスケジュールにぜひ追加してほしいのが、「銀ブラデート」。「銀座をブラブラ」の略だけど、まあ銀座でデートするってことですね。

たしかに敷居は高くて大人な雰囲気の街だけど、2人でデートすると「こういう街が似合うカップルになりたいね」と将来のビジョンが膨らんで2人にとっていい刺激になるんです。そこで今回は、2~30代の銀座OL20人に「銀ブラデートの楽しみ方」を聞いてみました。

1.デパ地下

「まあ、とりあえず楽しいのはデパ地下だと思うよ。銀座だったら、三越、松屋があるね。夏休みだと、お盆の帰省にあわせてお土産とかを買おうとしてる人ですっごい混んでるけど、その中でぐるぐる見るのがお祭りみたいで楽しい。
スイーツ、お惣菜、お酒とかなんでもあるし、食べ物好きな2人なら何時間も飽きないと思うよ」(事務/25才)

デパ地下は、全国の旬のお店がひしめき合って、とても活気があります。学生のワタシたちとかにはたしかにちょっと値段は高めかもだけど、逆に案外普通の値段で買えるお菓子なんかもあるし、試食もあるし(笑)、とにかく行ってみるだけで損はないはず。

2.お菓子屋さん

「銀座といえば、お菓子よね。かき氷とかあんみつとか、夏っぽくてしかも本格的な和菓子がたくさんある。老舗が多いんだよね。
銀座の『若松』なんかは、あんみつの発祥でもあるんだよ。歩きつかれたら休憩がてら、お菓子屋さんに入るのがいいね」(受付/27才)

そう、銀座にはお菓子屋さんがたくさんなんです。もちろん和菓子に限らず、チョコレートとかケーキとか、洋菓子の世界的なお店もたくさんあって、スイーツ好きな女子なら一日じゃ食べきれないはず。甘いのが苦手なカレでも、きっと満足できるおいしいお菓子が見つかると思いますよ。

3.街

「お金がなくても、銀座はただ歩いてるだけでも十分楽しいよ。MIKIMOTOとかシャネルとか、高級ブランド店は建物がすっごくおしゃれだし、まっすぐな道路が続いてる街並みも夜になるとすごくロマンチック。大人なカップルとか外国人とかも多くて、日本じゃないみたい、って思えるよ」(化粧品販売/30才)

「銀ブラデート」だけあって、やっぱりブラブラするのは基本ですね(笑)。といっても夏なので、夕方くらいに涼しくなってきてから行くのがオススメ。街がライトアップされる瞬間も見れるので一石二鳥です。

4.夕食はどこで食べるべき?

「ご飯をどこで食べようか迷うときは、お客さんを見てみるといいよ。年齢層と服装ね。あんまりに子供っぽいお客さんが来ると場違いであんまりいい接客してもらえないかもだから、若い人がカジュアルな服装で入っているお店がベスト」(経理/25才)

こういうのも、大人なカップルになるための勉強ですね。とくに銀座は大人の街なので、こういう暗黙のルールみたいなのがあるんです。

おわりに

どうでしたか?
銀座はとにかくアクセスもよくて何でもあって、一度はまってしまうといつでも行きたくなってしまう魅力的なところです。みなさんもカレと一度、ぜひデートしてみてくださいね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事