2014.08.10

恋もうまくいく!開運メイクで運気をコントロールしよう


可愛くなりたい。キレイになりたい。でも、美しく可愛くなるだけでは完璧なメイクとは言えません。
メイクで開運すれば、あなたの魅力が内面から溢れ出し、外見的にも内面的にもより素晴らしくなるでしょう。ステキなあなたになるための開運ポイントをご紹介します!

1.顔が意味する象徴と年代

まず、開運メイクをする前に、顔がもつ意味についてみていきましょう。
顔は、額から顎に向かって「上停、中停、下停」の3つに分けられ、それぞれに象徴と年代が当てはめられています。

<上停:額から眉:0~30代半ば>
知力を表す部分。0~30代半ばの人にとって特に重要です。華やかなアイメイクが流行っていても、まずは額と眉を美しく整えたいところ。
前髪は垂らさず額を出し、才能を発揮するための眉を整えて。ボウボウ眉、薄すぎ眉、眉と眉がつながっているのは×。眉尻は鼻と目尻を、眉山は鼻と黒目を、それぞれ線で結んだ延長線上に描くのがオススメです。

<中停:目から鼻:30代半ば~50代はじめ>
感情を表す部分。30半ば~50代はじめの人にとって特に重要です。疲れ目やドライアイのケアをして、パッチリと開く心の窓「目」を維持しましょう。
緩やかなカーブの長めの睫毛が吉。財運を意味する鼻は付け根にハイライトを。

<下停:口から顎50代以降>
本能を表す部分。50代以降の人にとって特に重要です。食べたり話したりするときに使う口は本能的な欲望を象徴します。曲がった口や尖った口、締りのない半開きの口はルーズさや自分勝手さのあらわれ。噛み癖を直し、頬杖と口呼吸はやめましょう。
唇の輪郭をリップペンシルで整えつつ、ルージュやグロスで潤いを添えて。

2.ポイント開運メイク

チーク使いで出来るポイント開運メイクです。どの場所も大き目のブラシでフワッとチークを入れます。濃く入れすぎたり、全部に入れて赤ら顔にしないように!

◎好きな人と結ばれたい:眉間にチークを。
◎出会いが欲しい:両目尻にチークを。
◎SEXを充実させたい:両眉尻にチークを。
◎財運を高めたい:顎にフワッとチークを。

3.シンメトリーな顔

素顔を鏡に映して左右のバランスを観察してください。左右の目の大きさや開き具合、眉毛の左右差は気になりませんか? 口の歪みや肌のくすみはありませんか? 
顔に注意していても、日々の生活に流されているうちにいびつになりがちです。定期的にチェックして、違和感を覚えたらすぐにケアを! 噛み癖などの癖を直し、マッサージで顔と頭皮のコリをほぐしましょう。
上下左右に大きく口を開け閉めしたり、目玉をぐるぐる回して大きく瞬きをするなど、顔の筋トレも効果的です。左右差のない線対称な顔を目指しましょう。

おわりに

 メイク道具が充実し、高いメイクスキルを持つ人が多いこの頃ですが、運の基本は自分の素顔にあります。運を上げるために特殊メイク級の塗りや描き込みをしても、本来の運とのギャップが悪影響してしまうことも。
普段の表情や生活習慣を見直して、理想の顔を手に入れることが最も大切です。素顔の自分のいいところを伸ばせるように鏡と向き合い、最高の運と顔を手に入れましょう!

(LUA/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事