2014.08.08

意外なところで好感度UP!「持ち物」を変えるだけでモテる方法・5つ


モテたい!と思っても、性格を変えたり見た目を変えたりするのは大変ですよね。
でも、「持ち物」を変えるだけで簡単に男性からの好感度を上げる方法があるんです。
元女探偵である筆者が、長年の人間観察を元に「持ち物を変えるだけでモテる方法」を伝授します。

1. ペンにこだわる

どこにでも売っているようなペンではなく、あなたの個性が伝わるようなペンを使いましょう。
ペンって意外と人に貸す機会が多いもの。書きやすく、お手頃で個性のあるペンであれば、「どこで買えるの?」など興味を持ってもらいやすく、会話が広がるきっかけになります。

また、人の目に触れることが多い文房具なので、素敵なものを使っていると好印象を残すことができます。ペンを使わない人はまずいないので、何かの機会にプレゼントするのもいいでしょう。

2. ハンカチにこだわる

ペン同様に目につく機会が多いのがハンカチ。トイレで手を拭くだけではなく、座ったときに膝の上に敷くと一気に女子度が上がります。
中には膝に使う用・男性に貸す用・トイレ用と3枚常備しているツワモノ女子もいるんです。また、自分の名前を刺繍してもらうサービスを利用するのも、育ちの良さそうな女性に見えるのでオススメです。

3. スマホカバーやPCカバーにこだわる

ガジェット好きな男性は多いので、使い方などを聞くだけでも話は弾みますが、きっかけになるのはカバー。意中の彼がいるのであれば、彼が好きそうなデザインのカバーをさりげなく普段から使うのもテクニックのひとつです。
偶然を装って同じ色のカバーを使うと、「好きな色が同じなんて、この子とはもしかしたら気が合うかもしれない…」と運命を感じさせることもできるかもしれません。

4. 眼鏡にこだわる

男性は、時計と眼鏡と靴にこだわる人が多いもの。ただ、女性の靴にはあまり興味がありませんし、時計の趣味は男女であまり一致しないもの。しかし、眼鏡は、モテに役立つ強力な味方になります。

眼鏡をかけている男性は、デザインやレンズ、素材など何かしらのこだわりがある人が殆ど。
あなたが眼鏡をかけていれば、「それってダテ眼鏡?」など、男性側からツッコミやすくなり、それが会話のきっかけになるんです。
今だったらブルーライト対策の眼鏡などの話題も盛り上がるでしょう。あなた自身が眼鏡に対してより関心を持っていれば、眼鏡をしている男性との会話も弾むはず。眼鏡の話題で盛り上がれる女性は恐らく少ないので、合コンなどでも好印象かつ目立てることは間違いありません。

おわりに

物を大事にしている人は、人間関係やその他いろいろなこと全般を大事にしているように見えるもの。
お気に入りのものに囲まれた生活をしていると、心に余裕が出来て他人にも優しくなれます。結果、モテるようになるし、人から優しくされることで、他人にまた優しくできてよりモテる…という良い循環が出来ると言えます。

ハンカチやペンは、相手の名前を掘ってプレゼントにすると、そんなに高価じゃないのにとても喜んでもらえます。百貨店などでは大概刺繍や彫刻のサービスを行っているので、取り入れてみてくださいね。

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事