2014.08.14

彼のホントの気持ちは!?しぐさから見抜く「脈ありサイン」診断


男と女は理屈ではない、とよく言われますが、それはまさしくホントのこと。男性と女性では脳の作りが異なるんです。

「彼は私のこと、どう思ってるんだろう?」…恋をすれば誰しもそう思いますよね。そこで今回は、行動心理学の観点から、彼が自分にとるしぐさから脈があるのかないのかを簡単に見抜く方法を教えちゃいます!

1.声をかけてくる

男性は女性よりも会話の数が少ない生き物。男性があなたに声をかけて会話をしよう、関係を持とうとするのは好意の表現です。人は自分と関わりたいと思う人には声をかける性質があります。

学校や仕事上での挨拶だけでなく、プライベートで会った時にも声をかけてくれるようなら脈アリ!でしょう。

ただし、これは彼が積極的でアクティブにアプローチしてくる肉食系男子の場合で、シャイな男性や恋愛経験が少なく女性慣れしていないような草食系の場合は当てはまりません。

2.目が合う回数が多い

これは最も基本的なしぐさと言えます。人は興味や関心のあるものには自然と視線が向いてしまうもの。さらに、視力が良い人は彼の瞳に注目してみましょう。男性は好きな女性を見ている時は瞳孔が開き、黒目の部分が拡大します。
もしも彼の瞳孔が大きく開いていたら、間違いなく脈アリ!の好意サインと言えるでしょう。

また、無意識のうちによく目が合うのは両思いの可能性大。 ちなみに、男性は女性の裸を見ている時に瞳孔が開き、女性は赤ちゃんを見ている時に瞳孔が開く、という研究結果もあるようです。男性は皆、スケベなんでしょうね(笑)。

3.ミラーリング

彼と自分が似たようなタイミングで発言したり、同じしぐさを取ることを心理学用語では「ミラーリング」と言います。あたかも彼が自分の鏡のような行動をとるためそう呼ばれるんでしょうね。

恋愛において、好きな人とは一心同体でありたいと思うのが人の持っている心理傾向です。好きな彼と同じ行動や気持ち、 趣味など共通点を持ちたいと思うわけですね。
このミラーリングは回数が多ければ多いほど、脈アリ!つまり両思いと言えます。

人は自分と似た人を好きになる「類似性の法則」があり、 それは似た行動や態度を取る人に対しても有効に作用するからなのです。ちなみに、「相補性の法則」というのもあり、これは自分と異なる部分を持つ人に惹かれるというものです。学説により様々ですが、最も支持されているのは「50対50の法則」。自分と似ている部分がありつつ異なる部分がある、というものです。 

4.男性からのメール頻度と絵文字

男性は基本的にメールを連絡手段と捉えていて、 できるだけ無駄な雑談はしたくない場合がほとんどです。 
それに対して女性は感情の共有や無駄話、相談事などをメールや会話で するのが好きです。これは男女間のコミュニケーション意識の違いと言えるでしょう。

まず、彼からメールが途切れない場合は脈アリ!好意のサインです。恋愛対象として好きな人としかメールを継続しようとしないのが男性。彼からメールが来るうちは、何かしらの脈アリ!と思って差し支えないでしょう。

 さらに、メールに絵文字や顔文字が多ければ可能性大。男性は無駄な作業を嫌うので、好きでない相手には要件だけのメールになるからです。(ただし、チャラ男は例外です)

5.互いの共通点をアピールしてくる

男性は女性と比べて、何かを誇張して表現するということがあまりありません。

ただ、気になる女性と話をするときは、自分と相手がいかに似たもの同士なのかをアピールする傾向にあります。
これは、「自分はあなたに対してこれほど好意を持っているのだから、自分と似ているあなたはきっと自分と同じ気持ちになってくれるはずだ」と、自分にも言い聞かせているからです。

もし男性から共通点のアピールをされたら、脈あり診断してイイかも?

おわりに

脈アリ!に気付かず、素敵な恋を逃してしまうのはもったいないことです。そして逆に、脈ナシ!なのにサインを読み違えて玉砕するのも悲しいこと。
確かに女性にとって男性のサインは、意外とわかりにくいもの。でも、ポイントさえおさえてしまえば簡単に判断することができるのです。

もし、ちゃんと見極めたいのなら、自分をよく見せようとする前に、相手をよく観察することから始めてみましょう。きっと今まで見えてこなかったものが見えるはずです。

(脇田尚揮/ハウコレ)

関連記事