2014.08.17

上目遣いがキモ!彼をキュンとさせる「かわフェラ」アイメイクのポイント・5つ


こんにちは。
日本で唯一、オーラルセックスについてもアドバイスしている歯科衛生士の仲谷めいです。
かわフェラとは私が考案した造語で「かわいいフェラチオ」の略。
今回は、〝恋愛メイク〟に詳しいメイクアップアーティストのこばやしまさこさんへの取材も交え、「かわフェラ」に効果的なメイクをご紹介します。

1.黒いカラーコンタクトで瞳を大きく

まずは、上目遣いが可愛い、チワワのような〝ウルウルする大きな瞳〟に仕上げます。

黒いカラーコンタクトを入れると、視覚効果として目自体が大きく見えることに加え、黒目がちな人は、目に光が入る量が多く、光の反射率も高くなります。そのため、目がキラキラして見え、生き生きと、いつも以上に魅力的に感じてもらえる効果もあるのです。

2.まぶたは色みを抑えたメイクで

かわフェラメイクは、「すっぴん?でも何だかカワイイな…そして色っぽい」というナチュラル感を大切にしています。

その為、色味を強調しないことも特徴の1つです。

”すっぴん風だけど、パーツで色気を感じさせる“と言う意味も込めて、まぶたにはパールのアイシャドーをのせます。まばたきした瞬間やフッとした角度で見える艶めきが可愛くて色っぽくなります。

そして、それだけでは目元がボヤけてしまうので、キワに濃いめの色のアイシャドーを入れます。

『一般的に使いやすいという理由で、キワに付けるアイシャドーは、茶系、または濃すぎないピンクがオススメです。アイシャドーを濃くすると言うより、ライン・まつ毛・上まつ毛の内側をしっかり黒のアイラインで塗りつぶしましょう(まさこさん)』

3.アイラインで塗りつぶす

アイラインは色によって全体の雰囲気を変えることができます。
茶色のペンシルは、ふんわりとした優しい印象。
それでは物足りないと感じる方は、まつ睫毛の合間を黒ペンシルで埋めるだけでも締まります。

『ペンシルだとパンダになる!と言う方は、アイライナーコートを使うと、にじむことを防げますよ(まさこさん)』

4.タレ目風で「可愛くってエロい」を演出

かわフェラメイクは清純系ですので、まつ毛はポイントです。
目尻側のまつげを長めにすると可愛さの中にもエロさを演出することができます。
上まつげ、アイライン共にタレ目になるようにします。

『バッチリつけまつ毛やマスカラたっぷりのまつ毛は、男性はやり過ぎと引いてる事が多いです。
特に下まつ毛をしっかり強調すると、いかにもメイクしてます!と言う感じになってしまいます。
ハッキリとした目元と言うより、ヌケ感のあるぽわ~んとした雰囲気の方が良いと思います。下まつ毛を茶色のマスカラにするなど少し控えめにすると、優しい雰囲気を演出できますよ(まさこさん)』

5.涙袋をしっかり作る

涙袋があると目が大きく見えることから、最近は「涙袋メイク」が流行っていますよね。別名ホルモンタンク、フェロモンタンクとも呼ばれています。
実は、この涙袋の膨らみは、生殖機能の活発さと関係があるのではないか?という一説があります。 つまり、膨らんでいる人は生殖機能が活発なので、妊娠しやすい(させやすい)という考え方です。

直接でなくてもなにか色っぽさに関係あるかもしれませんね。もちろん、かわフェラメイクにも効果的です。

1.まず、ぷっくりさせたい部分にパールピンクを入れます。
2.立体的に見せるため、下まつげから5ミリ程下の部分を茶色のペンシルやシャドーでなぞり、影を作ります。ペンシルでやる場合はその後、指でぼかします。 あまり濃くやり過ぎるとクマみたいになってしまうので注意してください。コントラストでより立体的に仕上げるのが最大のコツです。
また、涙袋が簡単に作ることのできるリキッドタイプのコスメもあるので、色々と試してみるのもいいかもしれませんね。

『涙袋だけでなく、目頭にも少しラメを乗せると可愛さが増します。
リキッドラメライナーを目の下(中央)に、チョコっと着けると目がウルウル見える効果があります。
ラメを使う場合は、つけすぎに注意してくださいね。自分が鏡で “ よし、キラキラしている!” と感じるのは、付けすぎの可能性大です。物足りない?と感じる位でも、十分に他人から見たらキラキラしています。その位の方が上品ですよ(まさこさん)』

仲谷めいさんからのメッセージ

いかがでしたか?
シャワーを浴びた後、寝る前など、セックスをするときすっぴんのまま~!という方も多いと思います。

しかし、男性は自分のモノを咥えている、あなたの姿が見たくてたまらないのです。男性があなたの髪の毛を搔き上げるのは、あなたの一生懸命に尽くしている表情が見たいからです。そんなシーンでは、テクニック以外でも彼の心を掴みたいもの。

かわフェラメイクの特徴は、可愛いけれど、ちょっとエロい雰囲気もメイクに取り入れて仕上げることです。ぜひ、アイメイクで、この5つを試してみてください♪

(仲谷めい/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事