2010.09.17

異性にモテればそれでいいの?人としてモテる方法


モテる、というと異性のことばかり考えがちではないでしょうか?
男女問わず、より多くの人にモテるということは、それだけ自分の応援団が増えるということ。そうすれば自然と、恋愛関係も、人間関係も良くなっていくものです。

ここでは、広く長く、愛されキャラになるための、とっても簡単、だけど意外と難しい、コツをいくつかご紹介します。

人の悪口を言わない

人を批難する人は、同じ量だけ、自分も批難されます。そして、悪口がめぐり巡って本人の耳に入ったりしたら、人間関係は一気に崩れますし、それだけ【モテ】からは遠のいてしまいます。

誰かが悪口を言っている時も、けっして同調せず「う~ん、そうだねぇ…」などと、てきとうに相槌をうって語尾をぼかすようにします。

ただ心の中で思うだけと、実際に口に出してしまうのでは、大きく違ってくるのです。言いたくてどうしても我慢できない時は、まったく関係の無い場所でのみ、こっそりと、ちょっとだけこぼしましょう。

グチを言わない

これも悪口と同じです。マイナスの言葉をたくさん発している人と、一緒に過ごしてもいい気持ちにはなりません。

ストレスが溜まって、グチらずにいられない時は、何か楽しみを見つけて、他のことでまぎらわす努力をします。

聞き上手になる

人は、話を聞いてもらえると、自分が〈受け入れられた〉と感じます。さらに、ひとしきりしゃべらせてもらえたことで、スッキリしますので、そういった爽快感を与えてくれる相手のことは、つい好ましく思ってしまうものです。

たとえ興味のないことでも、【相槌上手】になって、和やかな雰囲気を保つようにします。
「すごいね―」、「そうなんだ―」、「ほんと―?」は、そういった時に、非常に使える言葉ベスト3です。

笑顔を作る

『笑う角には、福来る』という言葉があります。
本当に心から笑えるのが一番いいのですが、楽しくなくても、面白くなくても、落ち込んでいる時でも、とりあえず笑ってしまいましょう。自分でもちょっとわざとらしいなと思うくらいに、「アハハハ―」と声を出してみます。

誰でも、むっつりした顔より、笑った顔のほうが好きなものです。
無理やりにでも笑ってしまえば、不思議と、プラスの気が集まってくるようになります。
なんなら普段から、鏡を見て口角を上げる練習をし、表情筋を鍛えておきましょう。

感情をぶつけない

裸になってぶつかり合わないと仲良くなれないタイプの人には、難しいかもしれませんが、本音でぶつかるのと、ただ自制がきかずに感情的になるのはちょっと違います。例えるなら、テニスで激しいラリーを続けるのと、一方的にボールを打ち込まれるのの違いです。ボールを打ち返してもらえないのに、こちらからしつこく打ち続けたら、当然、嫌がられてしまいます。

イライラやモヤモヤが溜まってしまっても、むやみやたらと人にぶつけるのはやめましょう。親しい人にならなおさらです。

さあ、今日から始めよう

たったこれだけのことでも、ず―っと守り続けるのはなかなか難しいものです。

結論としては、〈自分がしたことは、すべて自分に返ってくる〉ということです。

できる限り、マイナスの発信をやめ、プラスに切り替えていきましょう。
頑なに続けていくうちに、間違いなく、あなたの周りには自然とにこやかな笑顔が集まるようになり、【モテ】を実感できるようになるはずです。

関連記事