2014.08.26

「カンタンにセックスしちゃう女友達」への隠された本音とは?


恋愛やセックスに対する価値観は、人によって大きく異なります。子供の頃からの家庭環境や教育、友だちからの影響や時代の風など、さまざまな要因があるのでしょうが、もってうまれた「なにか」も関係するのかもしれません。

「私はたぶん、まじめなタイプだと思います。好きな人がいても、セックスするまでには時間がかかるし、まして一夜の恋なんて考えられない。
だけど、私の友人で、とても奔放な子がいるんです。バーで知り合った人とその日のうちにホテルへ行ったり、彼がいるのに仕事関係で知り合った人と関係をもったり。
そんなことしていても、彼女のためにはならないと思うんですけど、彼女は私の注意を聞いてくれません」(23歳/運送関係)
彼女は友人を「まっとうな人にしたい」と言います。一方で、どこか彼女を羨ましがっているようにも聞こえます。こんなとき、どう考えたらいいのでしょう。

1.羨ましいと思っていることを認める

性に奔放であることがいいか悪いかの判断は別として、同性から見て、ちょっと羨ましく思う気持ちはあるのではないでしょうか。それだけ男性から誘われている証拠なのですから。
気軽にセックスできる友だちが羨ましいという側面もありそうです。自分の中に、「いいなあ」と思う気持ちがあるのなら、いっそ認めてしまいましょう。

2.不特定多数にモテたいのか、自分に聞いてみる

ひとりの男性と恋をして、その男性としかセックスしないという生き方があります。一方で、不特定多数にモテて、その中の何人かと並行してつきあう女性もいます。あるいは、恋人をキープしておいて、ときおり別の男性と浮気を繰り返すタイプもいるでしょう。

自分がどういうタイプなのか、どういう恋愛とセックスを理想としているのか、それを考えてみることも必要です。

3.彼女と真正面から話してみる

彼女自身は、自分の行動をどう思っているのでしょう。「好きでもない人にもモテているのが気持ちいい」のか、「本当は好きな人とだけつきあいたい」のか。
あるいは、「恋愛もセックスも何でもアリだから、好きなように生きる」と決めているのか。誘われると断れないだけかもしれません。
彼女と話してみることで、自分自身の「価値観」を確認することにもつながるでしょう。

4.人を妬まない

どうしてあんな女がモテるのだろう、どうして男は彼女に寄っていくのだろう。誠実でもない女性なのに・・・。自分の気持ちの中に、彼女を見下している部分がありませんか。
それなのに妬んでしまう、というのはあなた自身の気持ちが二律背反になっているのです。彼女のことなど気にしなければいい。人は人、自分は自分です。
生き方が違うと割り切ればすむこと。「女はひとりの男性としかしてはいけない」という「常識」に、あなた自身がとらわれているのかもしれません。
他人を妬んで、いいことはないのです。

おわりに

恋愛やセックスに対して奔放な女性は、同性に嫌われがちです。そこには、「自分ができないことを彼女がいとも簡単にやっているから」という妬みがあるのではないでしょうか。
個人的には、人の生き方は自由なのだから、文句を言う筋合いでも憎む筋合いでもないと思います。ただ、友だちというからには、彼女が何か相談してくる可能性もあります。
そのときに自分が彼女に親身になってあげられるのか。そこで友だちでいられるかどうかが決まってくると思います。

(亀山早苗/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事