2014.08.30

恋愛力をUPさせるには「レッド」を味方にしよう!


色は、心理的なメッセージを持っています。五感に働きかけ、特に感覚と無意識にアクセスするため、自然に相手を惹きつけてくれるのです。ほんの少し意識するだけで周りと大きく差をつけられますよ。
今回は、「愛の基礎」と言われるレッドを取り上げます。

1.レッドのキーワード

レッドは、血の色ですね。そこから「情熱」「生命力」「勇気」「エネルギー」など強いパワーのあるキーワードが並びます。
大輪の薔薇のレッドや、女優さんの口紅のレッド。とても印象的ですね。色彩の中でもレッドは最も官能的で、人の本能や欲望を掻き立てる色だとされています。まさに情熱的な恋愛にぴったりです。

2.恋愛に効くレッド

恋をする気分にもなれないあなたは、普段からレッドの洋服を着てみて。生命力がダウンしている時は、レッドが足りません。
洋服でレッドを取り入れることで、実際に血行が良くなったり、血圧、心拍数、体温も高くなるため、元気になります。人と付き合う気力や愛する力を高めるサポートになりますよ。朝にトマトジュースやイチゴ、ローズのジャムなどを体に取り入れることも効果的です。

また、好きな人に勇気をもって近づきたいと思った時にも、少しレッドを取り入れてみると効果的です。より深い関係になりたいときには、特にレッドのリップがお勧め。リップラインを描かずに、スティックでそのまま塗るとセクシーに。
洋服や持ち物に使うなら、ピンクと一緒に使うといいでしょう。ピンクとレッドのコーディネートは女性ホルモンを活性化させると言われる、恋愛には最強のコンピです。

3.気を付けたい点

パワーのありあまっている人や、怒りっぽくなりイライラしている時にレッドを取り入れすぎるのはNG。血圧が上がりすぎて、喧嘩っ早くなることがあるので気を付けて。
また、積極的な人が苦手な相手には怖がられてしまうこともあります。相手のタイプを見極めて上手に取りいれてくださいね。
色だけでなく、フォルムにも注意。かっちりしたスーツのような形の洋服は、お仕事はできるように見えますが、仕事一筋に見えて近寄りがたいイメージになることも。臨機応変にイメージを使い分けましょう。

4.自然のレッドで恋愛をサポート

彼をその気にさせたいときには、ローズの香水がお勧め。彼の本能に働きかける作用があります。
あなた自身の愛情を掻き立てたいなら、ガーネットをつけてみて。ハートに近い方がサポートになりますから、ネックレスがお勧めです。ローズのハーブティーもあなたの女性性を高めます。飲み終えたハーブはお風呂にいれるとより効果的。自然の生命力がサポートになります。できるだけ、人工的なものを避けましょう。

最後に

洋服にレッドを取りいれる場合、人によっては、顔映りが良くない色もあります。その場合は、顔から離した場所に使ってみてください。スカーフやバックなど小さいもの、または下着でも効果はあります。意識するだけでも効果はあるので、無理に洋服に取りいれる必要はありません。
楽しみながらレッドを生活に取り入れて、情熱的な恋愛を楽しんでみてくださいね。

(数野ギータ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事