2014.08.30

モテる女性は「自分の客観的価値」を知っている!4つのポイント


自分の本当の魅力、ご存知ですか?自分では「性格」と思っていても、男性から見ると、実は「声」だったなど、売りポイントがずれていることがあります。モテる女性は、自分が他人から評価されているポイントを客観的に見て知っていて、有効活用している方が多いようです。

そこで今日は、モデルや声優さんなど、自分の魅力を活かした仕事をされている方に、「自分の魅力・価値を客観的に知る方法」についてインタビューしてきました。

1.見た目

「可愛いと一言で言ってもいろんなタイプがあります。清楚で可愛い子から、ギャルで可愛い子まで。自分の顔やスタイルがどんなタイプに一番合うのか、どんな服装をしている時、メイクをしている時が、一番キレイに可愛く見えるのかを知ることは大切だと思います。」(23歳/モデル)

確かに、顔や雰囲気によって、似合う可愛いのタイプも異なります。加えて、いつも鏡で見ている自分の姿は、意識して表情を作っている時の顔であり、自分が一番キレイに見える角度で確認しています。

何でもない仕事に集中している時の顔を友達に写真を撮ってもらったら、意外と猫背で顔の筋肉も落ちている姿が写っているかもしれません。
まずは、自分の見た目を客観的に確認してみましょう。

2.声

「声は自分では一番わかりにくいものだと思うんです。だからこそ、客観的に知ることが大切。思っているよりもハスキーな声だったとすれば、ぶりっ子するよりもちょっと大人の女性を演出した方が、その声の魅力は生かされると思います。」(25歳/声優)

自分が聞いている声は、空気を通さずに聞いているため、周りの人が聞いている声とは異なります。スマホなどで、一度自分の声や話し方が、どんなものかを確認して、その声にあった話し方や言葉遣いを調べてみてはどうでしょう?

3.性格

「自分が思っている性格と、周囲の人が思っている性格が違うことって多々ありますよね。それは、周囲の人には、自分が発している言葉や態度しか見えていないので、何を考えているかはあまり関係ないんです。だから、内面はすごく良い子でも、弱っている姿ばかりを見せていると、ネガティブな子だなと思われてしまうこともあります。」(27歳/アナウンサー)

自分ではポジティブ思考だと思っていても、周りから見ると、いつもグチを言っている人に見えているかもしれません。
どんな風に見られているかを確認するには、過去のSNSへの投稿を読み直したり、仲の良い友達に聞いてみたりするのがオススメです。

4.客観的に見た上で自分のセールスポイントを見極める

「仕事柄、自分を客観的に見ることも多いのですが、いろんな要素を見た上で、何が自分が一番得意で、難なく続けていくことができるかをわかっているとラクです。そのポイントを協調しようとすることで、周りからの評価も上がった気がします。」(22歳/タレント)

見た目や声、性格などの他、胸の大きさや足の長さ、くびれなど、他の人にはない自分だけの魅力を知り、そこをアピールしていくことで、周りにもその魅力が伝わって行っていくようです。
せっかくの魅力なので、持っているだけで隠していては伝わりません。自分の魅力をどんな風に見せると活かされるのか、研究してみて。

おわりに

自分を客観的に見ることは、なかなかないものです。でも、一度自分の客観的な魅力を知っておけば、様々な場面で使うことができるので、自分についてじっくりと研究してみるのはオススメです。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事