2014.09.01

「認められたい、褒められたい」男子との上手な付き合い方・4つ


ちょっと気になるカレが、もしかすると「認められたい」とか「ほめられたい」とか思いすぎてる系の男子だったら、ちょっとメンドいとかウザいとか思っちゃう女子も多いよね。
でも、そういう男子とでも素敵な恋ができる方法があるって知ってた?
彼らを正しく扱えば、面倒くさい男子から一途な彼氏へと大変身させることができちゃうよ。

1.欲求を満たしてあげる

お腹が空いて飢えてる人に食べ物をあげたら喜ばれるよね。それと同じで、「認められたい、ほめられたい」と思って心が飢えてる男子には、認めてほめてあげたら喜ばれるよ。
今まで、だれからも認められたりほめられたことがないって思っている彼。だから、あなたが彼を認めてあげたりほめてあげたりすれば、彼にとっては自信になるの。

つまり、あなたという女性は彼に自信を与えるものすごく特別な存在になるってこと。それはもう彼にとって誰よりも大事な人ってことになるんだね。

2.それは本当に認めてほめたことになる?

海外では犬を食べる国もあるけど、日本では食べないよね。だから犬をもらっても空腹は満たされない。それと同じで、心が飢えてる男子を満足させるには、彼にとって「これは認められたほめられた」って思えるものじゃなきゃ通じない。

たとえば彼がイケメンだから「イケメンだね!」ってほめたとするでしょ。でも、もし彼が「外見より内面のほうが大事だ」と思ってる人だったら、いくらイケメンって言われても心に響かなかったりする。
どんなことを彼は認められたいんだろう?ほめられたいんだろう?彼が本当に求めているものを会話の中から探してみてね。

3.認めてほめるといっても、伝えかたは大事

カレーが好きな人でも、365日いつも同じカレーだったら飽きちゃうよね。それと同じで、彼が本当に欲しかった言葉だとしても、いつもおんなじ言いかただったら嫌がられちゃうよ。

内面重視の彼に「心がイケメンだね!」って言うのは正解でも、昨日も「心がイケメン」、今日も「心がイケメン」、明日も「心がイケメン」ってずっと同じこと言ってたら、彼からすれば「オレのことバカにしてんの?」とかって思っちゃうからね。
ほめかた、認めかたの味付けを変えて工夫してみよう。

4.認めてほめることばでも、与えすぎは禁物

ごはんが食べられないのは悲しいけど、食べすぎるのも体に悪いよね。それと同じで、彼のことをほめすぎたり認めすぎたりすると、かえって彼をダメにしちゃうんだ。

たまには彼をわざとほめないときもあっていいの。すると彼はイライラするかもしれないけど、そうやって自分が困ったときに初めて、彼はどうすればあなたからまた認めてほめてもらえるのかを考えるようになる。
そうしたら、あなたを喜ばせればいい、ってことに彼は気づくはず。こうして、あなたからの一方的な思いだけじゃなくなって、彼からもお返しがくるいい関係ができるんだ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

彼を認めたりほめたりするときに大事なのは、言葉の選びかたっていうよりは、あなたの気持ちの出しかたなんだよ。彼をほめるとき、あなたは彼の目を見ているかな?
彼を認めるとき、あなたの表情は柔らかいかな?

言葉だけではなくこまかいしぐさの一つ一つがあなたの印象を彼に伝える。「そんなの全部気にすんのムリ!」って思うかな。だいじょうぶ。もしあなたが彼を特別な人だと思ってるなら、そのあなたの気持ちがあなたのしぐさに自然に表れてくるからね。

あなたから特別扱いしてもらえた彼はVIP感を感じて、彼もあなたのことを特別な人として扱ってくれるようになるよ。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事