2014.10.06

男性が「また来たい!」と思うステキなインテリアのポイント・5つ


居心地の良いインテリアは人の心を癒します。男性がまた来たいと思うようなステキな空間にすれば、女性自身の印象も格段にアップします。今回は、ステキな女性の部屋にするためのインテリアのポイントを5つ紹介しましょう。

1.清潔感のある部屋

「いつもキレイに整理されていて、掃除が行き届いている部屋はいいですよね。僕はけっこう散らかす方なので、いつでも人を招けるようなキレイな部屋はとても素敵だと思います」(30代/専門職)

「部屋が散らかってる女はイヤですよねぇ。部屋は心の表れって聞いたことありますよ。だから部屋がキレイな人は心もキレイなんだろうなって思うんで、印象スゲェいいですよ」(20代/アパレル)

まず清潔感は絶対条件ですね。整理整頓と掃除の行き届いている部屋はそれだけで印象がいいものです。逆に掃除されていない部屋は問答無用の論外です

男性に一生来たくないと思われる覚悟でいてください。なかには多少散らかっている方が落ち着くという男性もいますが、そんな期待をもって部屋を散らかすような真似はしないように。

2.柔らかな印象で統一されている

「ファブリックや木製の家具で統一されていると、温もりがあっていいですよね。居心地がよくて落ち着きますから、また行きたいなって思います」(20代/専門職)

「部屋全体がホワイトやベージュをベースにしていると、女性らしい柔らかさを感じますよ。部屋の色が統一されていない部屋は落ち着けませんからね」(20代/美容師)

ナチュラルで穏やかな部屋は女性の温もりを感じさせるといったところでしょうか。男性の評判はかなりいいですね。逆に金属製品は男性っぽい印象になるため、あまり男性ウケはよくないようです。
メタルラックなどは布をかけるだけでも柔らかな印象になるので、イメージチェンジにオススメですよ。

3.観葉植物

「観葉植物いいじゃないですか。植物を配置する人ってけっこうインテリアの意識高いと思いますよ。それに植物置いてるってなんか癒されるじゃないですか」(10代/大学生)

「緑のある部屋って好印象です。植物が好きってこと自体もプラスですし、世話をちゃんとする人なんだなって思えると母性も感じます」(20代/SE)

植物を愛する心は慈悲深さも感じられるのでしょうか。たしかに、植物を大事にしている女性はとても可憐で美しい印象ですね。それに部屋に調和するように配置できれば、センスの良さも伺えます。

4.柔らかい照明

「間接照明があるとオシャレな雰囲気になりますし、柔らかい光が落ち着きます。蛍光灯の明かりでガンガン照らしてるような部屋は、あまり好きじゃないですね」(30代/商社)

「部屋の明かりは大事です。部屋の雰囲気に合った照明の色や明るさもありますから。個人的には暖色の温かな照明だと印象いいと思います。温かみがありますからね」(クリエイティブ系)

ナチュラルで温かみのある部屋を柔らかな照明で照らせば、とても居心地のいい空間をつくりあげることができます。明かりの調整次第で、さながら雰囲気のよいカフェのような、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。

5.香り

「いい香りを漂わせていると、女性らしいなって思いますよね。アロマやお香は好きなのですが少し苦手な香りもあるので、家に行くときは合わせてもらえると嬉しいですね」(20代/調理師)

「ルームフレグランスを使うのもいいですよね。男性が来るときには、女性自身ではなく男性の好みを考えて部屋の香りを変えているとなおポイント上がりますよ」(30代/美容師)

いい香りを漂わせるのは女性のたしなみです。とはいえ、男性と女性では好む香りに違いがあるため、男性を招く場合は香りに気を配った方がよいでしょう。

人によっては気分を悪くしてしまうこともあるようです。気分よくもてなすために、男性が心地よくなる香りを選びましょう。

おわりに

美しい女性はインテリアも美しいものです。けっして外で着飾るだけの美しさとならないために、居心地のよいインテリアを心がけましょう。部屋は女性の心が表れやすい空間なのですから。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事