2010.10.08

解禁されました!新酒のお祭り ボジョレー・ヌーボーの楽しみ方

毎年、11月の第3木曜日に解禁される、ボジョレー・ヌーボー。新酒のお祭りのような感じですが、その楽しみ方を簡単に紹介しますね。

そもそもボジョレーとは

ボジョレー(Beaujolais)は、フランス・ブルゴーニュ地方の南部にある地区の名前です。ヌーヴォー(Nouveau)は「新酒」という意味。 つまり、「ボジョレーという地区で作られた新酒」ということになります。
ボジョレーという地区で作られた新酒の中でも、原料や製造法が限定されたもののみ、「ボジョレーヌーボー」という名称で市場に出回ります。

その年の8月に収穫された葡萄を醸造して作られる新しいワインなので、それが新酒として約3カ月かけて作られます。毎年11月第3木曜日の解禁日に一斉に販売され(世界共通!)、日本では毎年解禁日が近くなると話題になっていますね。



ボジョレー・ヌーボーの選び方

有名なものには「ジョルジュ・デュブッフ」という銘柄がありますが、個人の好みは千差万別なので、試飲コーナーに行ってみたり、2~3本買ってみて、好みの味を吟味して下さいネ。

特にボジョレー・ヌーボーはラベルがとってもキレイなので、好みのラベルで選んでみてはいかがでしょうか?プレゼントにもイイですヨ。
コンビニにも並びますから、気軽に選べます。


また、ボジョレーヌーボーは新酒のお祭りということで、「今年の葡萄の出来はどうか!?」という感覚で楽しむものです。毎年同じ生産者の、同じブランドのものを選ぶと毎年恒例のお楽しみになるでしょう。

ボジョレー・ヌーボーの飲み方

ボジョレー・ヌーボーはもぎたての葡萄で作られた、新しいほど美味しいワインです。

新酒であることを楽しむワインですから、買ってきたらすぐに飲みきりましょう!

飲みごろの温度は?

一般的に赤ワインは常温で飲むものだとされていますが、ボジョレーヌーボーは新酒で清涼感がある口当たりの軽いワインなので、12~13℃に冷やして飲みます。

ボジョレー・ヌーボーに合う料理

基本的に、美味しいチーズとパンが一番合いますが、それだけでは物足りませんか?(笑)それならこちらと一緒にいただきましょう。
  
クリーミーなチーズ料理(カマンベール・ゴルゴンゾーラのペンネ等)
             
 

フランスパンを使った料理(ガーリックトースト・パテ)
             

 
生ハムの料理(生ハムのパスタ・生ハムとチーズのサラダ等)
             

 
魚介類の料理(ホタテのカルパッチョ・白身魚のソテー等)
             

 
チーズ味のスナック菓子(クリッツ・チーザ・リッツチーズサンド・ムースポッキー等)
             

おわりに

ボジョレー・ヌーボーの解禁は、新酒のお祭りです。
とにかく楽しく!が基本ですヨ!!
関連キーワード

関連記事