2010.10.09

写真付きで解説!囲碁の石の生き死に

前章では囲碁に必要な最低限のルールと「死石」について学んで来ました。
この章では「死石」になる条件と逆に石が生きているとはどういう状態なのかを説明していきたいと思います。


石の生きる条件・死ぬ条件

先の項で自殺行為は禁止されていると書きました。それを利用し、その点を2つ作れば良いのです。言葉だと難しいので以下を見ていただきます。



上記の白は呼吸点が二つあり、かつ黒からは打てない点が2つあります。従って黒はこの白石を「死石」にできません。このような白石を生きている石と呼びます。

またこのような内側にできる「呼吸点」のことを白石の「眼」と呼びます。基本的に眼が二つ以上なければその石は「死石」となります。

しかし「眼」は「呼吸点」を数えるものではなく離れた「呼吸点」がいくつあるかを数えるものです。従って「呼吸点」が二つ以上あっても「死石」になる場合があります。
以下に例を示します。



上記は「呼吸点」二つあり生きているように見えますが、



上記のようになり白石は取られてしまいます。では白石はどうすれば生きられるのでしょうか。
残念ながら白石は周りの黒石を殺すしか生きる方法はありません。しかし黒は呼吸点5つ、白は2つとなるので間に合いそうにありません。なお先の状態で黒は手を入れる必要がありません。

では以下の場合はどうでしょう。

「死石」にならないための対策

先の項では生き死にの条件について触れました。

では以下の場合は生きでしょうか死にでしょうか?




上の白は現在「死石」ではありません。
×印の「呼吸点」が3つありますね。
ただし、次が黒の番の場合白石は死んでしまいます。



黒石は中央に打つことで、白は「眼」を二つ以上作れないため「死石」となります。
白が△の部分に打てば黒が×で黒に取られてしまいますし、逆に打っても同じです。
では黒からはどうでしょうか。



たとえば×印の部分に黒が打つと上記のようになります。

白が黒石を取ると、



先ほどの「死石」と同じ形になってしまいました。
つまり黒が先に打つとこの石は「死石」になるのです。

それを避けるには白は黒が打った位置に打てば良いのです。



上記のようになり、先の生き石の形になりました。
では以下の場合はどうでしょうか?



この場合白は無条件で生きとなります。

「眼」が1つしか無いじゃないかと思われるかもしれませんが、「眼」が相手から打たれても2つ以上できれば良いのです。



黒から打たれても白の番で離れた「眼」が二つ以上できます。
これで白石は完全に生きている事が証明されました。

生きでも死にでもない石

ここまで石の生き死にを書いてきましたが、最後に生きでも死にでもない特殊な状態「セキ」をお教えします。



さてこの状態の白は生きでしょうか、死にでしょうか?
白の眼は□の一つだけです。
一見死にに見えますが、黒が取ろうとしても取れません。
黒が取りにいく場合×に打つ必要があります。
しかしそうすると今度は白に△に打たれて逆に黒に取られてしまいます。
では白からはどうでしょうか。
同じく白も×から取りにいく他ありません。
しかし、黒と同様に□に黒を打たれてとられてしまいます。
このようにどちらからも手が出せない部分を「セキ」とよびその部分の「地」は数えません。
「地」については次の章で説明します。
とにかくこの部分はどちらの石も生きでも死にでもない石となります。

ここまでざっと必要なルールを見てきましたが、ついて来られました?

次の章では1局の流れを通しながら対局の流れと勝敗について説明します。

囲碁の対局の流れ(前半の打ち方)


関連記事