なんでいきなり?彼氏が突然冷たくなった時に取るべき行動・5選


あなたは付き合っていて、彼氏が突然なんの前触れもなく冷たくなったことってありませんか?
ただへこむようなことがあったのか、自分が何かしてしまったのか、もしかして彼氏に愛想を尽かされてしまったのか…。原因が分からないと、彼氏への対応に困ってしまいますよね。

しかし、理由を聞いても教えてくれない、なんてこともあります。
そこで今回は、彼氏が突然冷たくなってしまったときにあなたが取るべき行動を紹介したいと思います。

1.自分に置き換えてみる

「彼女に冷たくなるのにも、やっぱり理由があるんだよね。ちょっと彼女にイラっとしたときに冷たくするとすぐに『え、どうしたの?私何かした!?』って聞かれるとさらにイラっとしちゃう。自分がされたらどう思うのか考えて行動してほしい。」(26才/商業)

何事にも自分に置き換えて考えることは大切だと思います。
相手にしてしまったことを自分がされたらどう思うか、良く考えて行動すると相手をイラっとさせることも少なくなるかも。

彼氏が冷たくなったときは、まず自分に置き換えてその状況を見返しましょう。
「たしかに私がされたらムっとしちゃうかも…」と思い当たる節があれば、ちゃんと彼氏に謝ってください。そうすれば、相手も許してくれるはずです。

2.できるだけ明るく対応する

「彼女にちょっと怒ってたことがあって、LINEの文章とかいつもとわざと変えて冷たくしてたんです。けど彼女の返信はいつもと変わんない元気な感じで、『少しは俺の気持ちを汲み取ってくれよ』って思ったけど、同時に『こんなことしてても意味無いよな』って現実見れたから、明るく対応してくれると良いなって思いました。」(25才/コンビニ)

LINEなどで、今までは絵文字などを乱用していたのに、いきなり絵文字無しの冷たい文章が来たことはありませんか?
相手が怒っていることはすぐ気づくはずですが、あまり過剰に反応してしまってはダメです。

最初は、気づいていないことにして対応しましょう。そうすることで彼は我に返ってくれるかも。
もしそこでどんどん彼氏が怒ってしまったら作戦変更して、ちゃんと「どうしたの?」と言いましょうね。

3.優しく心配する

「俺ってつい嫌なことがあると思い出してまたへこむ癖があるんだけど、そうなると周りへの対応が雑になっちゃうんだよね。彼女からしたら冷たいって思われちゃうんだろうけど、どうしてもなっちゃって。そういう時は怒らないで優しく心配してほしいです。」(19才/学生)

自分が何にもしてないはずなのに、彼が冷たい…というときはもしかしたらこのパターンなのかも。
「なんで冷たいの!?」と詰め寄らず、「なんかあったの?」と優しく心配してあげてください。

4.待つ

「冷たくするときって、心の整理とかしたいときだから、放っておいてほしいなって思っちゃいます。整理が終わったらちゃんと対応するんで。」(24才/美容師)

こればかりは彼のことを信じるしかないみたいです。いつまで経っても冷たいのが直らなかったら、一回距離を置いてみるのも良いかも。
彼を信じて待ってあげてください。

5.それでも我慢できなかったら、ストレートに「優しくして!」と伝える

「冷たい理由をくよくよ考えても時間の無駄。大事な人だから駆け引きせずに、『最近冷たいから傷つく!優しくして!」とストレートに言いました。
仕事が忙しくて体調崩してたのを黙っていたみたい。すぐご飯を作りに行きました。」(31才飲食)

いろいろ考えても結局好きな気持ちを伝えて優しくするように言ってしまえるのが女の特権。駆け引きが苦手な彼氏も素直なあなたに優しさを思い出すかもしれません。

まさに、信じる者は救われる!冷たくされたら黙って凹まずにストレートに甘えてみたら、彼の心も柔らかくなるかも! 

おわりに

彼が冷たいのには、何かしらの理由があるもの。いきなり責めたり、怒ったりせずに大きな心で彼氏を包んであげてください。
そうすれば、彼もきっとあなたの大切さに気づいてくれるはずです。

(霧島はるか/ハウコレ)