2014.10.28

これなら彼も即OK!男性をデートに誘う4つの方法


気になる彼ができたら、一緒に遊びに行きたいけれど、デートに誘って断られるのは怖いですよね。でも、誘い方をちょっと工夫すれば、断られる可能性を低めることができるようです。

そこで今回は、男性に「思わず一緒に出かけたくなる誘われ方」についてインタビューしてきました。

1.一人で行くのが不安だからついて来て欲しい

「電気製品が苦手な子に『今度PC買いたいんだけど、一緒に見てくれない?』とお願いされたので、ついていきました。買い物の後に『お礼するよ!』と言って一緒にごはんを食べたんですけど、デートしているみたいで楽しかったです。後日、『PCの使い方でわからないところがある』と言われて、家に呼ばれたりしているうちに仲良くなり、結局今は付き合ってます。」(26歳/出版)

一人で行くにはちょっと不安な買い物ってありますよね?それを使えば、男性は「しかたないなぁ」と思い一緒に来てくれるようです。
例えば電気屋さん。家電やPC関係を選ぶ時、「私、そういうの苦手だから一緒について来て選んで欲しい」と自分が得意としている分野のことを頼まれて、嫌だと思う男性は少ないようです。

2.カップルが多い場所

「サークルの後輩に『行きたいところがあるんですが、女友達はみんなそこには彼氏と行く場所と言っていて、一緒に行ってくれる人がいないんです。先輩、一緒に行ってくれませんか?』と誘われた時に、カップルが多い場所に誘うって俺のこと好きなの?とドキドキしながらも、多数いる男の中から選んでもらえたことが嬉しくて、一緒に出かけたことがあります。」(21歳/学生)

遊園地やバーなど、カップルが多い場所であれば「私まだ、○○に行ったことがないんだけど、雑誌だと異性と行くのがオススメって書いてあったから、一緒に行ってくれない?」と誘われれば、男性も嫌な気はしません。たくさんいる異性の中から、選んでもらえたことに喜びを感じる男性が多いようです。

3.彼が話題にしていたお店に誘う

「僕はいろんなお店に詳しいので、よくいろんな人からお店情報を聞かれます。同じ部署の子から『今度、男の人と一緒に行きたいんだけど、個室のあるオススメのお店知らない?』と聞かれて、教えてあげたら『じゃあ、そのお店、土曜日に一緒に行かない?』と誘われて、嬉しかったです。うまいなーと思いました。」(27歳/マスコミ)

彼が「○○に行ってきて良かったよ!」など、誰かと話をしているのを聞いたら、「前、友達が行って良かったって言っていたから、私も気になっていたの!」と話に混ざって誘ってみるのがオススメ。
男性はリードできることや頼られることに喜びを感じる面があるので、男性が女性をリードできるデートは安心して一緒に行けるそうです。

4.ストレートに誘う

「複数の友達で飲んでいた時に、隣に座っていた女の子が『今度、2人でデートしない?』と小声で言ってきて、ドキッとしました。デートという言葉を使われるとどう考えても俺に気があると思いますし、思わず顔がにやけてしまいました。」(25歳/飲食)

「今度2人だけで出かけない?」「もし良かったらデートしませんか?」といったストレートな誘いは、どんな言葉よりも効果的なようです。"デート"という言葉をあえて使ってみることで、相手をドキッとさせることもできるようですよ。

おわりに

気になる彼がいる方は、上記の誘い方で声をかけてみてはいかがでしょう?
ポイントは、彼の得意分野を頼る点や、ドキッとさせる誘い方にあるようです!

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事