2014.10.27

ナチュラル=スッピンにあらず!男ウケメークのコツ・4つ


みなさんこんにちは、恋愛コラムニストの斉田直世です!

以前、男性100人に、「自分の彼女には、どんなメークをして欲しい?」と質問した結果、断トツで多かったのが、「スッピンに近いナチュラルメーク」という答え。
中には、「メークは嫌いだから、スッピンがいい」という男性も少なくなく、「派手でカラフルなメークが好き」という男性は一人もいなかったのです。

とは言うものの、気になる彼とのデートに、スッピンで挑むなんて、無理な話ですよね。
薄い眉毛に、目の下のクマ、小鼻の黒ずみ、ニキビ跡……
そんな顔じゃ、まともに彼の方を向けず、会話もままなりません。デートは戦場、メークは鎧、そこにスッピンで挑むなんて、戦場に裸で行けって言われてるようなもの。

しかし、世の男性は「スッピンっぽさ」をお望みの様子。
というわけで今回は、自然な感じでまるで化粧をしていないように見えるナチュラルメークのポイントを4つご紹介します。

1.人間らしい色を使う

ブルーやラメなど、人間に元々備わってない色は、見た目はキレイでも自然ではありませんよね。

ファンデーションは、より地肌に近い色、チークやリップは、より血色に近いもの、アイシャドーは、肌色の延長線上にあるベージュ系やピンクブラウン系を選んで、肌の上での「色浮き」を避けましょう。

2.境界線をぼかす

頬の上に赤い丸という、オカメインコのようなチークののせ方は、いかにも「塗りました!」といった感じ。
チーク、アイライナー、アイシャドーなどは、色の境界線をハッキリさせると、どうしても濃く見えてしまいます。

色をのせたら、とにかく境界線はぼかして、美しいグラデーションを作りましょう。

3.お金と時間をかけるべきはスキンケア

男性がときめくのは、アイシャドーの発色のキレイさや、リップのグロス感ではなく、ズバリ「肌の質感」です。
よって、力を入れるべきは、アイメークよりも、ベースメーク。

そして、ベースメークを美しく見せる最強のアイテムは、美しい肌です。
思わず触りたくなる肌を目指すならば、コスメよりスキンケアにお金と時間をかけるのが正解でしょう。

4.異質なものを排除する

目力アップを狙おうとすると、ついつい頼ってしまうのが、カラコンやつけまつ毛などのアイテム。
しかし、これらは私たちの顔に本来備わってないものですから、「作りこまれた感じ」が拭いきれず、太陽や照明の下ではより異質感が際立ちます。

何かを装着するのではなく、ロングマスカラやグラデーション技を駆使し、素材を最大限に生かしましょう。

おわりに

粗を隠し、作りこんでいるにも関わらず、化粧しているように見せない……
これが最強のナチュラルメークです。

キャバ嬢時代がそうでしたが、一度、つけまつ毛やカラコン、極太ラインや濃い目のシャドーで盛り始めると、「ケバい」という感覚がマヒしてしまうんですよね。

お肌に負担をかけないためにも、彼に初スッピンをお披露目したときの衝撃をやわらげるためにも、是非ナチュラルメークにチャレンジしてみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事