2014.11.02

忘れようにも忘れられない、別れた彼と復縁する方法・5つ


別れた恋人には男性のほうが執着するといいます。
しかし、ついつい売り言葉に買い言葉、言うつもりのなかった言葉を吐いて別れることになってしまったり、突然ふられてしまったりしたら、女でも元彼に未練がわきますよね。

今回は、別れた彼と復縁するために、別れた後にやっておくべきこと5つをご紹介します。

1.ありがとうを伝える

まずは彼に『今までありがとう』を伝えましょう。
こんなことやあんなこと、色々伝えたくなる気持ちはいったん心の奥にしまい、簡潔に感謝の気持ちを伝えましょう。

ありがとうと言われて嫌なひとはいないです。ありがとうと言われて嫌なのは彼の罪悪感がうれしい気持ちをはばんでいるからです。

ただ、ありがとうの理由を長々と伝えると罪悪感に火をつけることになり、逆効果です。簡潔にありがとうと伝えることで、『やっぱいい女だったよな』と思わせることができます。

2.わたしなりの愛の形を理解してもらう

彼が別れを切り出してきたということは、なんらかわたしに気にくわない点があったからです。指摘されている場合も、指摘されてない場合もあると思いますが、その気にくわない点がガマンの限界値を超えたかは別れを切り出すことになったのです。
彼の気にくわなかった点がどこなのか認識しましょう。それが変えられることなのか、変えられないことなのかを判別しましょう。

それが、変えられないことなら、そもそも復縁なんて出来ません。
でも変えられることなら、彼のために『これからはこうする』という意思を綴りましょう。

例えば、彼が部屋を片付けない、とか掃除しないと四六時中文句を言っていたのをこれからは言わないようにするなど、そういうことです。
ただし、できない約束をしては逆効果なので、できる約束だけをするようにしましょう。

3.彼の選択は正しいと伝える

別れを切り出したとき、別れたくない気持ちが邪魔して食い下がりたい気持ちはやまやまです。もちろん、別れるまでは、引きとめるべきです。
でも、もう別れてしまったら、そういう結論に至った彼の選択は正しいと伝えましょう。

北風と太陽です。追いかけると逃げたくなります。逃げると追いかけたくなります。
別れた後で、わたしに追いかけられないとわかると、罪悪感が半減し、気持ちに余裕がでてきて、彼は少し物足りない残念な気持ちにすらなります。

4.彼の幸せが大事と伝える

なぜ別れるという彼の選択が正しいのかというと、それは「わたしが彼の幸せを心から願っているから」と伝えましょう。

幸せを願われて悪い気がするひとはいません。心から幸せを願ってくれるわたしの姿に感動し、やっぱいい女だったなって彼は思います。

5.過去の過ちは水に流す

彼が付き合っているときにわたしを傷つけ、例えば迷惑をかけたり、浮気をしたとしても、それは過去のこと。水に流して忘れましょう。

ただ、復縁後も、同じことは続く可能性が高いので、またされても許せるかどうかというポイントで考えましょう。
許せないなら復縁すべきではないです。許せるなら、過去のことはもう触れちゃダメです。

おわりに

1~5は、会って伝えるのが一番望ましいですが、別れ方によっては、会うことが困難な場合もあります。
そういうときは、メールかラインで淡々と伝えておきましょう。そうすれば、彼が今の彼女や新しい恋愛にいきづまったとき、必ずあなたのところに連絡がきます。

連絡がきて会うことになったらひたすら楽しい時間を過ごすことを心がけます。会ってる時に、付き合ってたときの嫌だった面を思い出させてしまうと復縁はなくなってしまいます。
その際にわたしの方から次にデートする約束はあえてしません。セックスもしません。
復縁の前にセックスしてしまうと、よりを戻してるのか、友達なのかあいまいになってしまうからです。

そうやって、何度か会っているうちに彼のほうからよりを戻そうかと言ってくるはずです。そのとき、うなずけばいいだけです。
復縁のポイントは、あくまでも彼の意思で戻ったと思わせることです。

(内野彩華/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事