2014.11.02

彼が「この子と付き合っていて良かった」と思った瞬間・4つ


恋人がいる方、彼と付き合っていて「彼と付き合えて良かった」と思ったことはありますか?
では、彼にも同じように「あなたと付き合っていて良かった」と思ってもらえている自信はありますか?お互いにそう思い合えていたら、その恋は二人で大切に育てていけそうですよね。
そこで今日は、男性に「この子を選んで良かったなと思った瞬間」についてインタビューしてきました。

1.体調が悪い時に看病してくれた時

「彼女は仕事が忙しくて、平日はほとんど会えないんです。でも俺が熱を出して寝込んた時に、仕事が終わってから栄養ドリンクとかを持ってお粥を作りに来てくれたうえに、朝までずっと手をつないで一緒にいてくれたんです。この子に何かあったら絶対俺が守ろうと思いました。」(26歳/スポーツ)

いつもは強気な男性でも、体調が悪い時には弱気になってしまうものです。そんな時に看病してあげれば、彼に「付き合って良かった」と思ってもらえるようです。

普段は忙しくて彼を後回しにしてしまっている方こそ、彼が弱っている時には、時間を作って看病してあげてはどうでしょう?

2.落ち込んだ時に黙ってそばにいてくれた時

「仕事で失敗をして落ち込んでいた時に、くだらない話をたくさんして笑わせてくれました。多分落ち込んでいたのはわかっていたと思うんですけど、何も聞かずに別れる時に『何かあったらいつでも言ってね』とだけ言ってくれました。
本当にイイ子だなと思い、この子と付き合って良かったと思ったし、仕事ももっと頑張ろうという励みにもなりました。」(28歳/貿易)

男性は落ち込んでいる時でも、自分から甘えるような言葉はなかなか言いにくいものです。また「何があったの?」と聞かれても、愚痴を言いたくないと考えて話をしたがらない男性も多いよう。

そんな時に、問い詰めるのではなく黙って何も聞かずに一緒にいてくれることで、癒されるし落ち着くという声が挙がっていました。

3.「一緒にいると幸せ」と言ってもらった時

「彼女と一緒にごはんを食べている時、『○○君と一緒にいられて本当に幸せ』と言ってもらったことがあります。付き合って長いんですが、改めてそういうことを言われると嬉しいですね。」(24歳/商社)

女性は好きになった男性に対して「幸せにしてもらいたい」と思うのに対し、男性は好きになった女性に対して「俺が幸せにしてあげたい」と考えるそうです。

女性から「一緒にいると幸せ」と言ってもらうことができれば、好きな女性を自分の力で幸せにしているという大きな自信につながるようです。

4.親身になって手助けしてくれた時

「親が倒れたと連絡があってどうしたらイイのか困っていた時に、夜遅い時間でしたが彼女に連絡したら家に来てくれました。翌日の手配をしてくれたり、荷物をまとめてくれたりして、すごく落ち着いたのを覚えています。」(25歳/建設)

男性が悩んでいることや嫌な想いをしたことに対して、自分以上に真剣に向き合っている彼女を見て、「この子と付き合っていて良かった」と感じた経験のある男性は多かったです。

仕事でうまく行っていない時や、家族のことで悩んでいる時に、彼の立場になって力になることができる女性は貴重な存在のようです。

おわりに

いかがでしたか?彼のことを想って行動をすれば、自然と「この子と付き合っていて良かった」と思ってもらうことができるようです。
いつも彼を第一優先に考えるのは難しいなという人でも、せめて彼が弱っているときだけでも、彼を優先して行動をしてはどうでしょう?

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事