2014.11.01

2人の関係にヒビが・・・!恋のはじめに「絶対にしてはいけない話題」4つ


付き合い始めたばかりの頃は「彼のことを知りたい!」という思いから、彼を質問攻めにしてしまうこともありますよね。
でも、彼が気持ち良く答えてくれる話題もあれば、聞くことで2人の仲が悪化してしまう話題もあるようです。

そこで今日は、男性に「付き合い始めの頃に、女性から持ち出されたら嫌な話題」についてインタビューしてきました。

1.2人のこれからについて

「合コンで知り合った子と2人で会うことになったんです。お互いに好印象だったのはわかっていたんですが、まだ会うのも3回目で俺としてはもう少し彼女のことを知りたいと思っていたんです。でも、その子から『付き合いたい!はっきりして!』と言われて困ったことがあります。そんなに相手のことを知らない段階で言われても、ただ彼氏が欲しいのかなと思ってしまいます。」(25歳/広告)

まずはこちら。まだ付き合う前の段階ですね。まだお互いの気持ちがあやふやな段階だと「ハッキリしてよ!」と思う気持ちが湧くのはよくわかります。

でも、あまりにも早い段階で結論を求めるのはやめた方が良さそう。
男性が「このデートで自分の気持ちを確認しよう」など何か考えている時に、女性から「付き合おうよ!」と言われると困ってしまい、「今はまだその段階じゃないし…」と、逆に距離を置かれてしまうかも。

2.過去の恋人に関すること

「付き合うことになった子と初めて2人でデートしたんですけど、俺の元カノのことをすごい聞いてこられました。どんなデートをしたかとか、どんなところが好きだったかとか。俺はあまり話したくないし、相手の過去の男のことを聞きたいとも思わないから、なんか嫌な気分になりました。」(26歳/IT)

好きになった人が昔どんな人が好きだったのか、どんな恋愛をしてきたのかは気になるところですが、触れない方が良さそうです。
まだ彼が元カノのことを引きずっている場合には、聞いてもショックを受けてしまうだけですし、吹っ切れていたとしても、彼の口から出てくる話が楽しい思い出ばかりだったとしたら、こちらが妬いてしまうことに。

過去の恋愛は気にしないようにしましょう。

3.お金にまつわること

「付き合い始めたばかりの頃、彼女と一緒に飲んでいた時に、ちょうどその頃ボーナスの時期だったこともあって、ボーナスの額を聞かれたんです。最初は『突っ込んだこと聞いてくるなぁ』という感じでちょっと引いた程度だったんですが、その後も月収とか貯金とか聞かれて、俺のお金が目当てで付き合っているの?と不信感が湧きました。」(28歳/出版)

お金にまつわることはデリケートな部分なので、触れない方が良さそうです。
収入が少ない男性なら、気にしている部分をついてくる女性の印象はあまり良くありませんし、例え高収入の男性だったとしても「お金目当て?」と思われてしまいます。

収入や貯金額だけでなく、服や時計、食事の金額など、お金に関わる話題は全てタブーと考えてもいいかも。

4.結婚について

「付き合い出して間もないデートで、何歳くらいで結婚したいと思っているかを聞かれたんですよね。で、『まだあんまり結婚とか考えてないなぁ』と答えたら、『私とのこと、真剣に考えてよ!』と言われて驚きました。付き合い始めたばかりで結婚の話をされると、重いし引きます。」(27歳/航空)

付き合い始めに「結婚」という言葉を口にする女性は焦っているのがバレバレで男性からすると怖い印象を受けるそう。

また、「結婚できるなら誰でもイイと思っていそう」という声もあったので、本当に焦っていたとしても「結婚」に関する話題は避けた方が良いですね。

おわりに

これらの話題は男性も気にしているからこそ、彼が自分から話題を持ち出さない限り触れないようにしましょう。
また、どうしても女性から聞きたいという時には、だいぶ仲が深まってからにした方が良さそうですね。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事