2014.11.10

コレをすれば告白される?好きな人へのアタック方法・5選


大好きなあの人に振り向いてもらいたい・・・恋をすると、誰もがそう思いますよね。しかし女性は贅沢なもので、「アタックはしたいけど、告白は相手からされたい!」なんて思ってしまいます。

そこで今回は、大好きな彼に告白されるためのアタック方法を紹介します。

1.すぐにデートに誘う

「普通に大して話したことのない人からいきなりデートに誘われてびっくりしたことがあります。何も意識してなかったけど、そっからそういう目で彼女のこと見ちゃってます。」(25才/営業)

まずはあなたのことをちゃんと見てもらいましょう。
友達から恋愛対象に変わるのには時間がかかってしまいがちですが、最初から「二人でデート行こう!」と誘えば、友達としてではなく恋愛対象として接してくれるはずです。

「デート」と言ったにもかかわらず友達のように接してきた場合は、「デートとか誘ったの初めてなんだよね」と言って、特別感を出してみましょう。

2.LINEをする

「LINEですっごい気が合ったり、話がはずんだりすると『実際にもっと話してみたいなあ』って気になる。」(25才/美容師)

ただ適当にLINEするだけでなく、相手の興味ありそうな話題を振ってみたり、相手が喜びそうなことを言ってあげてください。
そうすればLINEも盛り上がって、会っているときだけでなく、家にいるときや移動中までもあなたのことを考えてくれるはずです。

3.ボディタッチ

「いきなり女の子に抱きつかれてびっくりしたら『あ、間違えた!』って言われました。『何を間違えたんだよ(笑)』って笑いましたが、その後思い出してどきどきしました。」(21才/学生)

過度なボディタッチは難易度が高いかもしれませんが、このように冗談まじりだとやりやすそうですね。一度試してみて相手の反応を伺ってみましょう。

4.素直になる

「『あきらかにお前俺のこと好きだろー!』って素直な態度されると『惚れてまうやろー!』って叫びたくなる」(19才/学生)

「あなたのことが好き」アピールをちゃんとしましょう。
他の男性の影をチラつかせて、彼の嫉妬心をはかってみようなんて駆け引きはなるべく避けたほうが良いかも。男性は意外とプライドが高いため、多くの人は「当たって砕けろ精神」ではないみたい。

絶対に振られないだろうと言う安心感を彼に持たせることによって、彼から告白してくれる確率がグーンとあがります。

5.自分は告白しないタイプだと断言する

「絶対俺のこと好きだろうなって人がいて、けっこう良い感じだったから告白されるの待ってたんです。そしたらその人『わたし自分から告白しないんだよね』って言ってて。『それなら早く俺から告白しなきゃ!』って思ってすぐ告白しました。」(26才/編集)

「絶対に男性から告白されたい!」と言う強い信念をお持ちの方は、最初からこのことを彼にやんわりと伝えましょう。
そういうイメージを持ってもらえたら、彼は「俺から告白しなきゃ付き合えない」と思ってくれるはずです。

おわりに

いかがでしたか?
「失敗するのが怖い・・・」と恐れていては、何も進みません。それでもやっぱり難しい人は友達に協力してもらうなど、方法はさまざまあります。
大好きな彼に、いっぱいアピールしてみましょうね!

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事