始めてみない?「瞑想」が毎日を楽しくしてくれる理由・4つ


ハリウッドの大物セレブやスポーツ選手でも取り入れている方が多いという「瞑想」。体験してみたことはありますか?今日は、ヨガインストラクターの著者が「瞑想を行なうことで得られるメリット」についてご紹介したいと思います。

1.ストレスが減る

瞑想の目的は心を沈めることにあります。と言っても、もっと簡単に言えば「本来の自分と仲良くなること」が目的です。

例えば、瞑想をして自分と向き合うことで、思考パターンを見つけることができます。「まだ起きていないことを考え過ぎてしまう癖」「人目を気にし過ぎて自分らしくいられないこと」「ルールを自分で設定し過ぎて苦しくなっていること」など、人それぞれ自分を苦しめている思考パターンが異なります。

自分の思考パターンを知っておけば、ストレスを感じた時にそのパターンに陥ってしまっていないかを考えることでき、ストレスを減らすことができます。
例えば、「将来のことが不安」という方は、思考パターンに「まだ起きていないことを考え過ぎてしまう癖」があるだけで、実際は不安がるような問題は存在していないのかもしれません。まずは思考パターンを知って、本来の自分と仲良くなることが大切!

2.集中力が増す

瞑想中は「無」になることが大切。何も考えないようにと教えられる瞑想もあります。
瞑想は、外から見ると黙って座っているだけの行為ですが、何も考えずに座っているのは結構大変。

日常生活だと、仕事に集中していても誰かに話かけられれば、それに反応しなければなりません。電話が鳴れば、何かをしている途中でも出なければなりません。でも瞑想をするなら、物音がしても無視して瞑想に集中し続けなければなりません。目も閉じているので、意識を向けられるのは自分だけです。
「外の情報が気になるけれど自分だけに集中する」という行為を繰り返す中で、集中力をつけることができます。

3.健康的な生活をする意識が高まる

東洋医学の考え方で、陰と陽という2つの考え方があります。例えば、お肉は極陽に寄った食べ物であり、アイスは極陰に寄った食べ物と考えられています。焼肉に行ってお肉をたくさん食べた後にアイスを食べたくなることはありませんか?これは、お肉をたくさん食べたことで体が陽に傾いたので、陰の要素を取り入れてナチュラルな状態に戻そうという意識が働くからです。

心と体はつながっているので、瞑想を行い、心を平穏な状態に保つことができれば、自然と身体もナチュラルな状態に保ちたいと思うようになります。そうなると、ジャンクフードやお菓子、レトルト食品などから卒業して、健康的な生活が送れるようになります。

4.美容にも効果的

アメリカの研究では、瞑想を行なうことで老化を助長するホルモンの分泌が低下し、若返りや睡眠に関係するホルモンの分泌が上昇したという結果が出ています。ストレスが減り、睡眠の質が上がるだけでも美容に対して効果的です。

おわりに

本来の瞑想の目的は「心を無にすること」なので、何も考えないようにするのが大切です。ですが始めから何も考えないのは難しいので、最初は「自分と仲良くなる」をテーマに、始めてみてはいかがでしょう?

(栢原 陽子/ハウコレ)