2014.11.19

経験あるのみ!?エッチの最中に起きたハプニング・4つ


男性経験が少ないと、つい身構えてしまうエッチ。最中のちょっとしたハプニングに対応できず、とにかく恥ずかしい、気まずい…なんて思ってしまう人もいるのではないでしょうか。
エッチには思わぬハプニングがつき物ですが、それも含めて経験してこそ、彼とのエッチの充実、そして仲が深まるというものです。そこで今回は初々しいエッチの最中に起きたハプニングをリサーチしてみました。

彼らのように笑って対処できるようになれば、2人の仲も深まるはずですよ。

1.フェラした時に陰毛が唇についていた

「少しでも気持ちよくしようと頑張ったのに、顔を上げた途端『口から陰毛生えてる(笑)』と爆笑されました。思わず引っ叩いてやりましたけど!」(24歳/会社員)

「フェラが上手にできない」と悩む女子は多いのでは?

でも、初めから体の相性のいいカップルは少ないものです。ふたりがきちんと両想いなら、回数を重ねるうちに体の相性は確実にアップしていきます。
そうではなくても男性は舐めてくれるだけで嬉しいので、テクニックは後からついてくると考えれば、気持ちはだいぶ楽になるはず。

ちなみにフェラのポイントはアイスキャンディーを舐めるように可愛がってあげると、テクニックが上達しやすいですよ。

2.ラブホテルの残り時間に焦った

「退出時間に焦って、慌てて彼と部屋を出たことがあります。おかげで着た服が裏返しだったり、靴下をひと足置き忘れたこともありました(笑)」(26歳/自営業)

ラブホテルの料金システムは休憩、サービスタイム、延長ならカラオケ、宿泊ならビジネスホテルと勝手が似ています。
ホテルによっては数分遅れても延長料金は取られないところもあるので、そこでまで焦らなくても大丈夫。

でも、余裕を持ってホテルを出るに越したことはありません。2人の時間を楽しみたいところですが、「この時間からは出る準備をしよう」と決めておいたほうがいいかも。
初めて入る時は恥ずかしいかもしれませんが、思いっきり楽しんだ者勝ちと考えてエッチに集中してみては?

3.恥ずかしさから枕で顔を隠した

「正常位のとき、恥ずかしいからと枕で顔を隠していました。彼に『裸は見られてもいいのか(笑)』と、笑われたのはいい思い出です」(25歳/サービス業)

まさに頭隠して尻隠さずですね。あなたも電気をつけたままだと「自分の体が見られて恥ずかしい」と感じたことがあるはず。

でも、男性にとっては感じている顔を見て興奮する人が圧倒的に多いものです。
彼とエッチする回数が増えてきたら、電気をつけながらしてみるとエッチの雰囲気もだいぶ変わりますよ。
マンネリを防ぐためにもぜひ一度試してみて。

4.コンドームを取る時に陰毛も抜けた

「し終わった後、『外してみて』と彼に頼まれたんです。なかなか上手く外れなくて、焦って取ったら陰毛が数本抜けちゃって、すごく痛そうだった……」(22歳/大学生)

同じような経験をした女子はいませんか?
コンドームを付けてあげる時も注意点は同じです。丁寧に付けてあげないと陰毛を巻き込んでしまって、彼がエッチに集中できなくなってしまいます。

これは練習あるのみなので、彼から『つけてみて』とお願いされた時は、ちょっとくらい時間がかかってもいいので、彼のことを思って取り付けてあげましょう。

コンドームに気を配れるカップルほど愛があるので、恥ずかしがらず積極的に挑戦できるといいですね。

おわりに

このくらいのハプニングはまだまだ序の口。
付き合っていればエッチに限らず失敗は必ずあるので、少しくらいのミスで落ち込まないことです。

むしろ、ふたりの仲がさらに深まったと考えれば、エッチもどんどんと楽しいものに変わっていくのではないでしょうか。

(柚木深つばさ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事