2014.11.20

思わずニヤニヤしちゃう!?男性がされて嬉しい褒められ方・4つ


男相手の良いところや素敵なところを褒めるのは、モテ法の一つですよね。でもあまりにも褒め過ぎたり褒めるポイントを間違えると「わざとらしい」「上辺しか見ていない」と思われてしまったりするため、逆効果になってしまうこともあるようです。

そこで今回は、男性に「されて嬉しい褒められ方」について伺って来ました。

1.人柄を褒められる

「会社で、女の子が先輩女子から仕事には関係ないことでいろいろ文句言われていて、間に入って守ったことがあるんです。
それを見ていた同期の女の子から『自分には関係ないことなのに優しいね。他の社員は見てみぬふりしてたよ』と言われて、それは嬉しかったです。」(25歳/建設)

人は他人から認められると嬉しいものです。特に人柄に関しては自分のことを良く見てくれているという喜びや、ありのままの自分を認めてもらえたという充足感に繋がり、自分に自身が持てるのだとか。

ポイントは「優しいよね」とざっくりした褒め方よりも具体的に「あの場面であんなことが言えるなんて、優しいよね」というように具体的に伝えること!

2.頑張ったことを褒められる

「普段全然勉強しないんですけど、ある資格をとろうと思ってめっちゃ勉強した時期があるんです。その間遊びにも行けなかったので、周りから『友達付き合い悪い〜』と言われることもあったんですけど。
受験日の前日に友達の女の子から『今までにないくらい頑張ってたよね。見直したよ!絶対大丈夫!』とメールをもらって、めちゃくちゃ励みになりました。そんな風に見てくれていたのは嬉しかったです。」(22歳/学生)

生まれつき男前の男性に「かっこいいね」と言っても今更すぎて特に響かないもの。
ですが、仕事で努力したことや、気を使ってオシャレな服装をした時など、「頑張っているところ」を褒められると喜びは大きいのだとか。

ぱっと見で誰でも分かる部分ではなく、彼が頑張っているところ、こだわっているところなど、彼が力を注いでいるポイントを褒めてみましょう。

3.自分よりできる人から褒められる

「めっちゃ仕事ができる女性の先輩がいるんですけど、その人から『やるじゃん~』と言われた時には心底嬉しかったです。
その分野について何も知らない人から褒められるのと、『この人に褒められたら俺も認められたってことかな?』と思う人から褒められるのは全然違います。」(26歳/広告)

初心者から褒められても「俺のレベルなんて大したことないし」と思ったり、「どうせわかってないでしょ?」という気持ちになってしまうことも。

でも、尊敬している人やその分野において自分よりも上にいる人から褒めてもらった場合、お世辞などではなく本当に高く評価してもらえた、認めてもらえたという喜びがあるそう。
気になる彼が夢中になっていることで、自分の方が得意かもということを探してみては?

4.間接的に褒められる

「同僚とランチに行った時に『先輩が○○君のこと、仕事ができるって褒めていたよ』と言われて、他人からの客観的な評価を聞くことってあまりないので嬉しかったです。
その後に『私も尊敬してるよ。ねぇ、オススメの本とかあったら今度教えて』と言われて、そこからよく話をするようになって今は付き合っています。」(27歳/公務員)

「他の人がこう言っていたよ」と伝える方法は真実味が増します。もちろん全くの嘘を伝えるわけにはいきませんが、彼がいないところで誰かが彼のことを褒めているのを聞いた時には、漏れなく伝えてあげると彼に喜んでもらえそう。

ついでに「私も○○君のそういうところ素敵だと思う!」と、自分の気持ちを伝えることも忘れずに!

おわりに

せっかく褒めても、「わざとらしい」と思われるなど逆効果になってしまっては意味がないですよね?
これらのことに気をつけて、彼を気分良くさせて、そして「この子、分かってくれてるな」と好印象を与える褒め方を身につけてください。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事