年齢を追うごとにモテなくなる女子の特徴・5つ


モテるために、容姿やスタイル、性格、年齢はほとんど関係ありません。幼い頃にさかのぼればさかのぼるほど、そういった容姿や性格においてそれぞれ個々に違いがありません。でも、中学生になると『あれ?なんでこの子が??』という女子がモテはじめ、不思議に思わなかったでしょうか。つまり、容姿に関係なくモテる女子は中学生くらいから徐々に頭角を現していくということです。一方、歳追うごとにモテなくなる女子は20歳以降から同様に、その片鱗をのぞかせます。それでは、歳追うごとにモテなくなる女子の特徴・5つをご紹介しましょう

1.『芸能人の◯◯に似てるね』って言葉に妙に反応する。

男は、女性を喜ばせようとして『安室ちゃんに似てるよね』『綾瀬はるかに似てる』なんて言ったりします。まー素直に喜ぶ女性が一番かわいいですが、ときたま『え?安室ちゃん?微妙。似てるかなー?やだー。』っていう女子がいますね。これはつまり、「安室ちゃんの顔はたいしてかわいくないから似てると言われるのは心外」という意見なんですね。
ここまでタカビーだとさすがに男は、一瞬ドン引きします。そうではなくて、『わたしはわたしだから誰とも比較されたくないんだ』って意志を持ちましょうね。

2.人の顔やスタイルを品評する

『あの子はスタイルいいけどかわいくない』とか『かわいいけど顔がでかい』とか。もうなんでだろう?ってくらい女子の容姿やスタイルを品評する女子、いますよね。
それは、それだけ自分の容姿やスタイルにも関心が高いってことで、歳追うごとにきれいでいるためには重要な要素だと思うんですが、こと異性にモテることに関しては、マイナスに働きます。女子が歳追うごとに身につけるべきものは、美よりも、人に対する許容や、やさしさなんです。

3.『あの子、若いよね』っていう。

まだ22歳なのに、18歳の子をみて『あの子若いよね』っていう女子。この習慣を続けたら、30歳になったときには間違いなく、誰からも相手にされなくなるので、はやいうちにこの言葉を封印しましょうね。
そもそも『若い女性が好き』っていう男性は、なんで若い女が好きなんでしょうか?それは、若いヒトから情熱やエネルギーをわけてもらえるからです。歳追うごとに、諦めの気持ちや処世術、変な知恵、ズルい心が生まれてきて情熱やエネルギーが減少していきます。そんなとき、若いヒトをみるといいなって思えるから好きなんです。
だから、逆にいうと、情熱とエネルギーを持ち続ける努力をしてれば、歳をとっても魅力的なんです。

4.『◯◯されて、させられた』という受け身体質

歳を追うごとに求められるのが、サービス精神や母性。やさしいと思われる言葉や行動ですね。これは、やっぱり経験値になりますから、人とたくさん触れ合って、こういうときはこういう言葉、こういうときはこういう行動、というデータ量を増やすに限ります。
そんなとき、受け身体質ではデータ量が増えていきませんね。若いうちは、受け身の女性が、文句を言わないからかわいいとされますが、大人の女性は受け身なだけじゃダメなんです。

5.『彼氏が◯◯してくれない』のグチり体質

グチってばかりいるとだんだん顔が変わっていきます。若いうちは親からもらった顔、でも、歳とともに内面が顔をつくると言われています。グチや文句ばかり言っていると、どんどんブサイクになっていきます。
人相というものがありますから、美容整形や、美容品にいくらお金をかけても、歳追うごとに性格の悪さは顔にでるようになります。気をつけましょうね。

おわりに

いかがだったでしょうか。顔やスタイルの造形だけを求めるなら、若い方がいいです。歳とともに、だんだんシワがふえて、だんだん体の線がゆるくなっていきます。歳追うごとに、顔やスタイルの造形をくずさないように努力するのは、適度には必要ですね。
あまりにも激しく変化すると、女捨てた、となってしまいます。でも、それに固執しすぎて、そこだけになってしまうと、それじゃ、若い子の方がいいじゃないか、という結論になってしまいます。

歳とともに増えていくのは経験値です。経験値を増やす努力をしましょう。
特に、人とふれあったとき相手がどんな反応をするかという経験値。経験値が多ければ多いほど、相手のささいな感情の変化に気づくようになります。彼氏でも彼氏じゃない友達でも、女でも男でも、喜ばせる努力をしましょう。
サービス精神があって、ヒトを的確に喜ばせることができる男女は、外見に難があるレベルでも、歳寄りでも、確実にモテます。

(内野彩華/ハウコレ)

関連キーワード