2014.11.22

男は物件じゃない!男性が引いた女性のひとこと・5選


女性が普段なにげなくい言ったことでも、もしかしたら男性に引かれていることってあるかもしれません。あなたも気づかないうちに男性に引かれているかも。
そこで今回は男性が思わず引いてしまった女性のひとことを紹介します。

1.好きなタイプはイケメン

「ちょっと気になる子がいて『好きなタイプは?』って聞いたら『イケメンだよ~!私メンクイなの!』って言われて引いた。」(20才/学生)

たしかに気になる人に「顔が良い人がタイプ」なんて言われたら引いてしまいそう。
自分のことを棚に上げている感じが出てしまって、反感を買ってしまいそうです。好きなタイプを聞かれた際は、内面の特徴を言うようにしましょう。

2.ブランド物じゃないとだめ

「前に女性と話してたときに、相手の人に『このカバンなんてブランドですか?』と聞かれて『普通にノーブランドだよ』って言ったら『え、信じられない!わたしブランド物じゃなきゃ持ち歩けないです!』って言われて、どこのお嬢様だよ・・・とドン引きしました。」(26才/メーカー)

高飛車な女のように思われてしまいそうですね。いくらお金持ちでも、そのことをオープンにしてしまってはNG。
『あの子素朴そうなのに、いつも良いもの使ってるなー』と思われるくらいが良いギャップを生みそうです。

3.そんなんだから彼女出来ないんだよ

「可愛くも気になってもない女友達にいきなり『そんなんだから○○は彼女できないんだよ』言われて萎えた。お前に言われる筋合いはまったくない!」(23才/学生)

「お前は俺のなんなんだよ!」と怒られてしまってもしょうがないレベルのひとこと。ちょっとからかったつもりで言っても、不快に思う男性は多いそうなので、出来るだけ言わない方が無難みたいです。

4.タクシー代ちょうだい

「普通に二人で遊んでて、気づいたら終電がない時間に。困ったけどタクシーで帰るなら漫喫にでも行こうかなと思っていたら相手の人が『ねえタクシー代ちょうだいよ』とひとこと。
一緒に遊んでたんだから俺だけが悪いわけじゃないし、そんくらい自分で出せよって思いました。」(27才/営業)

たしかに終電を逃したら、帰りのタクシー代をおごってもらいたい気持ちは分かります。
男性が無理に終電を逃すまで付き合わせたのなら良いですが、二人で楽しい時間を過ごしていたなら言わない方が良さそうですね。

5.男=物件

「女友達が『いい物件ないかな~』と言っていたので『○○さん引っ越すの?』と聞いたら『あ、家じゃなくて男のことだよ』って言われてドン引いた。」(25才/美容師)

たしかに良い条件のあるところに長く滞在したい・・・と言う点では、男性=物件と考えてしまうことは分かります。

しかし、いくらなんでも物件呼ばわりされたら男性も良い気分はしないはず。女子会で言う分には良いですが、男性の前では言わないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?
気づかないうちに言っていたような言葉はあったでしょうか。ちゃんと自分の発言には気をつけて行動してみましょう。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事