2009.12.12

バスタイムダイエット計画~入浴法~


最近は色々な種類のダイエットがブームになっていますよね。朝バナナダイエットやレコーディングダイエット…しかしどれもなかなか続かない。相当な決心と強い意志がないと毎日の日課にするのは難しいと思います。

でもみなさん、お風呂には毎日入りますよね。あえて毎日の習慣を作りださなくても元々の習慣を意識してダイエットに変えてみませんか?一口にお風呂ダイエットと言っても、その方法はたくさんあるのですが、今回は様々な入浴法を中心にご紹介します♪

1.温冷交代浴

20℃前後のシャワーと40℃前後のお湯に交互につかる(※熱いシャワーでも可)入浴方法。お風呂ダイエットの中では最も効果が高いと言われている方法です。
20℃前後のシャワー(1分程度)→40℃前後のお風呂orシャワー(3分)
これを5~10回繰り返して行います。
冷たいシャワーをいきなり浴びると体に良くないので、まずは心臓から遠い脚や手から徐々に全身に当てていきましょう。嬉しいことに、この温冷交代浴は女性の憎き敵、脚のセルライト撃退にも効果的と言われているんですよ。

2.高温反復浴

43℃前後のお湯への入浴を繰り返します。長くお風呂に入っていることが苦手な人や、ゆっくり湯船に入っている時間がないという忙しい方におススメの入浴方法。
高温浴(3~5分)→休憩(1~3分)→高温浴(1~3分)→休憩(1~3分)→高温浴(3~5分)
高温浴では交感神経が刺激され、心拍数とエネルギー消費を高める効果があります。
また、休憩の際は首すじから背中にかけて水シャワーを浴びるようにしましょう!「褐色脂肪細胞」が刺激されさらにエネルギー消費が高まります。「褐色脂肪細胞」は、首のうしろ、肩甲骨、わきの下、心臓付近、腎臓の付近の5か所にしかない細胞で、刺激を与えることで日常生活での消費量UPにつながるそうですよ!

3.半身浴

ぬるめのお湯に、みぞおちから下の半身をつけます。お風呂ダイエットの中では最もリラックス効果が高い、癒し系な入浴方法です。

1. 入浴前に乾燥したタオルと飲料水(出来ればミネラルウォーター)を用意する。
2. 浴槽に39℃前後のぬるめのお湯を張る(みぞおちの下にお湯が来るように)
3. 1回の入浴は20~30分
入浴のポイントは時間をかけてゆっくりと汗を流すことです。ずっと入っていることが苦手な方は、お風呂で時間をつぶせる雑誌や小説、防水のCDプレイヤーなどを持ち込み、入浴時間を楽しみながら過ごすと良いでしょう。

ここまでの入浴方法にプラスして

反復浴、半身浴の休憩時間や入浴後には、気になる部分をマッサージ!
マッサージには脂肪燃焼を助ける効果があり、継続することで脚、ウェスト、二の腕など、お肉がつきやすい部分を効果的にシェイプアップすることが出来るんです。
また、マッサージをする時には専用のボディローションやオイルを使うようにしましょう。肌を痛めず、保湿や美肌効果まで期待出来ますよ。

おまけ

お風呂に入る前にはお水をたくさん飲みましょう!汗を出しやすくなりますよ。また、お風呂から出たときもきちんと水分を取りましょう。お風呂でたくさん汗をかいた後は体の水分が足りなくなっています。

ダイエットに人気のミネラルウォーターランキング
1位 contrex(コントレックス)
2位 volvic(ボルヴィック)
3位 六甲のおいしい水

お風呂ダイエットはあなたの疲れを芯から癒してくれます。そして、体を芯から温めることで老廃物が排出され、お肌もきれいに!女性の悩みのタネのお肌の乾燥や冷え性対策にもなりますよ。入浴方法の一工夫、だれでも手軽に簡単に出来るお風呂ダイエット、
ぜひぜひ試して効果を実感してみてくださいね!
関連キーワード

関連記事