2014.12.21

今日からできる!モテる女性の「シンプル心得」・4つ


恋愛は思い通りに行かないことも多く「モテ技を駆使してもモテない…」「もう今さら何をしたら良いのかわからない…」そんな風に思うこともありますよね。

でもモテる女性がやっていることはそんなに難しいことではなく、いくつかの心得に沿って行動をしているだけのよう。

そこで今日は、メンタルコーチのワタナベ薫さんによる『1週間で美人に魅せる女の磨き方』より「モテる女性になるための心得」についてご紹介します。

1.自分自身に優しくしてあげる

「今思えば自分が不幸で、自分自身を大事にできていないときは、他人にも厳しかったように思います。
(中略)「普通は、こうなんじゃない?」と、自分基準の「普通」を持ち出して、あたかもそれが、マナー、ルールや世の中の常識のように、相手を裁いていたことも。」

自分に厳しい女性は、つい人にも厳しく接してしまいます。自分では優しくしているつもりでも、所々に「私だってこれだけ頑張っているのだから」という気持ちが表れてしまい、人にも同じ水準やがんばり、苦労を強いてしまうのかも。

また、他人には優しくできても、家族や友人など身近な人にほど厳しく接してしまうという方も多いので、まずは自分自身を認めて尊重して、優しくしてあげて!

2.シンプルを心がける

「『部屋の中は自分の内面を表す』美しい人は、自分を表す家の中もシンプルで、好きなものに囲まれて美しく暮らしています。モノがゴチャゴチャしている部屋にいるのと、シンプルな部屋にいるのとでは、安らぎ度がまったく違いますよね。」

部屋がごちゃごちゃしていると安らげずに心がすさみ、さらに部屋はごちゃごちゃに、生活も心もごちゃごちゃに…人間関係や恋愛においても余裕を失ってしまいます。

どんな場面においても、「ごちゃごちゃ」は魅力も判断力も半減。例えばいつも友達とケンカしていて人間関係が複雑な人にはあまり近寄りたくないですよね。

他にも、モテるからと言って二股など恋愛でごたごたを抱えている女性も「大変そう」「面倒くさそう」に見えて魅力的ではありませんよね。何事もシンプルが一番と心がけて。

3.感情をコントロールする

「大人の女性であるなら、マイナスの感情を周りに気づかせないことも、美しい女性の大切はマナーの一つです。
(中略)ビジネスシーンや数人での楽しい場の中で、極めて個人的なことでその場の雰囲気を壊してしまうのはマナー違反です。
大人の女性は、気持ちの切り替えが上手です。家庭や個人的ないざこざを、別の場所に持ち込むことをしません。自分の状態が悪いときこそ、人への気遣いを優先させると、一度気持ちをリセットできます。」

若い女性ならまだしも、20代後半になってからも感情を表に出していると、周りから「付き合いにくい女性」として評価されてしまいます。

感情的になってしまいそうな時には、誰もいないところで言葉にして吐き出したり、紙に書き出したり、枕を殴るなどして誰にも気づかれない、または本当に親しい人にだけ受け止めてもらえる場所で解消するようにしてみて。

4.恋愛にテクニックは使わない

「いつも小手先のテクニックばかりに頼っていると、どういうことになるか、わかりますか?あなたは素の状態ではないので、相当疲れます。
さらに、素ではないあなたに引き寄せられた男性は、本当のあなたに好意を持って近づいているわけではありません。素ではない、いつもがんばっているあなたに惹かれているわけです。
(中略)本当のあなたを好きになってもらったほうが、お互い楽です。」

無理した自分を見せて好きになってもらっても、本来のあなたを好きになってもらわなければ意味がありません。

モテる女性はそのことを知っているので、モテるために無理をしたり自分を作ったりはしません。「素の状態ではモテない!」という女性は、なぜ素の状態ではモテないのかを考えて、改善するよう努力してみては?

おわりに

いかがでしたか?悩んでいる時ほど「何かしなければ」と焦りがちですが、実際にモテる女性にとって必要なことは難しいテクニックではなく、自分を大切にすることやシンプルでいることなどの心得に沿った行動をすることなんですね。

一度自分が難しく考え過ぎていないか、これらのことができているか見直してみてはいかがでしょう。

ワタナベ薫著『1週間で美人に魅せる女の磨き方』かんき出版
(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事