2014.12.27

「嫌がる女」にはならない!男が放っておかない女性の特徴・4つ


「なかなか彼氏ができない」と嘆いている女性もいれば、「いつも彼氏が途切れない」女性もいますよね。その2つのタイプは正反対とも言えます。

つまり、男性から嫌われる女性の反対を調べることにより、男性から好かれる女性を目指せるということです。

そこで今日は、ゴマブッ子『独り身の呪い』で紹介されている「男が嫌がる女性」を参考にその逆である「男が放っておかない女性の特徴」についてご紹介します。

1.あまり男性に依存しない

「依存心の強い女ってどんな感じかしら?『私のこと、好き?』とか、『嫌いになった?』とか『仕事と私、どっちが大事?』とか、『うさぎはね?寂しいと死んじゃうんだよ?』とか、男を萎えさせる質問を平気で投げつけるような女かしらね?
あと、部屋で彼の帰りをじっと待ってて、帰りが遅いと、『料理作って待ってたんだよ。冷めちゃったんだよ』って、いちいち言う女。頼んでもいないのに勝手に作って待ってる女。」

これは依存心が強くて男性が引いてしまう女性の特徴です。確かにこんな女性はイヤですよね。

ということは、逆にあまり男性に依存しない女性を目指せば、男性は安心して仕事に集中できますし、時には『本当に俺のこと好きでいてくれてるのかな?』と彼を少し心配させることもできます。

狩人としての男性の気持ちをいつまでもつなぎ停めておくことができるということです。

2.許容範囲が広い

「ある女が言ってたの。『あたし、理想高くないよ!顔だって安田大サーカスの団長みたいなのがタイプだし、前カレだって年収500万くらいだし』って。
だけど、その女の理想ってのが狭い。イケる範囲が狭いのよ。イケメンは浮気しそうだからイヤとか御曹司は家族が大変そうでイヤだとか、結局それって、理想が高いってことになるわよね?」

「普通の人でイイのにいない」と嘆く女性は多いですが、実は普通の男性が一番最初に「彼女がいない市場」から消えていくものです。

例え理想が高くなくても範囲が狭いと結局理想の相手に出会える可能性は低くなってしまうので、モテる女性を目指すなら、まずは好きになる男性の許容範囲を広げてみて!

3.地に足をつけて生きている

「度がすぎるとスピリチュアルってただの現実逃避よね。信じる者は救われるどころか足元すくわれるんでしょ?(中略)パワースポットも暇だから行けるのよね。恋愛で忙しい女は行く時間すらない」

パワースポット巡りや占いはいつの時代も人気ですが、あまりに神頼みが強くスピリチュアル過ぎる女性や迷信を信じているような女性は、非現実的な世界を生きているようで男性としては見ていて不安になり近寄り難く感じるよう。

それよりも現実を見て、合コンに行ったり自分を磨いたりと努力している女性の方が魅力的なようです。

4.ルールや約束に厳しすぎない女性

「ねぇ、恋人に年収や身長を求めたり、イケメンがいいとか犬好きな人がいいとか、理想を持つ女って多いけど、付き合ってからも条件が多い女っていない?(中略)『会えない日は自宅から電話すること』とか。自分ルールを作りたがる女ね。
本人は彼と私の共通ルールのつもりなんだけど、これって無意味な校則と一緒よね。(中略)誕生日、クリスマス、バレンタイン、それから2人にとっての記念日など……女って記念日やイベントが絡むとヒステリー起こしやすくなるわよね」

彼に日常的な決まり事を強いてイベント時には必ず特別なことを要求する女性と付き合うと、男性は疲れてしまいます。

そんな女性よりは「クリスマスも仕事?できるなら少しでも一緒にいたいね〜」くらいのゆるい女性の方が、付き合いやすく平穏な気持ちで付き合えると考える男性は多いようです。

おわりに

「男性から嫌われる女性の特徴」を知ることは、「嫌われない女性」「男性が一緒にいたいと思う女性」を目指すことでもあるんですね。

気になる彼が「あの子苦手…」と言っていることがあれば、どんなところが苦手なのかを調べてその逆の要素を持つ女性を目指してはいかがでしょう。

参考図書:ゴマブッ子『独り身の呪い』大和出版
(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事