2015.01.13

若いのに白髪が!?気になる「若白髪」の正しい対処法


こんにちは。美髪アドバイザー 兼 Lily美容師の寺村優太です。
「白髪は年を取ってから生えるもの」と思っていませんか? 実は、10代~20代前半でも、若白髪が生えることがあります。
若白髪のケアを間違えてしまうと、別の髪のトラブルの引きがねになるかも知れません!

若白髪の解決策をインターネットで検索すると、沢山の解決方法が出回っていますね。「何が正しくて、何が間違っているのか正直わからないよ!」なんていう声を沢山の方からいただきます。

今回は美髪アドバイザーの寺村優太が、サロンのお仕事を通じて経験したことに、理論をふまえ、僕なりに考察したことをまとめてみました!

若白髪に悩むみなさんのお役にたてればなと思います♪

1.「白髪を抜いたら増える」に根拠はない!

巷では、「白髪を抜いたら増える!」といったような噂がありますが、果たして本当なのでしょうか?
実は、これにはちゃんとした根拠がないんです。

白髪は一度生えはじめたら、加齢とともに増えていくものです。
「抜いたから増えた!」と思いがちですが、そもそも抜かなくても増えていくものなんです。

2.だけど…白髪を抜かない方が良い理由とは?

「白髪を抜いたら増える」という説には明確な根拠はありませんが、いずれにせよ、白髪を抜くのはおすすめできません。
なぜなら、白髪を無理やり抜いてしまうと、毛穴周辺が炎症を起こしてしまう可能性があるからです。


抜いたからといって、都合よく白髪が生えてこなくなる訳ではありません。
また同じ場所から白髪は生えてきてしまいます。
「生えてくるたびに抜く!」ということを繰り返してしまうと、その周辺の毛穴にはかなりの負担がかかります! 負担のかかった皮膚には炎症がおこり、抜け毛や薄毛の引きがねになる可能性もあります。

3.抜くのではなく、「白髪だけ根本から切る」がオススメ

若白髪の場合、白髪の本数や量はさほど多くはなく、部分的にチラホラ生えているだけ、というケースが多いです。その場合は抜いたり、白髪染めをするのではなく、「白髪だけをつまみ、根本から切る」方法がオススメです♪

あくまでこれは僕のオススメであり、「部分的に白髪染めをする」という方法もありますが、経済的に良いのはこちらかな?ということでこの方法をオススメします。

4.どうやって切るの?

ご自分で白髪を切る場合、使いやすいのが眉切り用のハサミです♪
細かい作業に向いているので、他の髪まで切りすぎてしまう心配も軽減できます。

自分では難しかったり、うまく切れるか心配な方は、部分的な白髪でしたらカットしてくれる美容師さんもいるので、ご予約の際に部分白髪のカットは可能か確認してみてください!

5.白髪染めは最終手段!

個人的な意見としては、白髪染めは最終手段です!
白髪が数本程度しかないようでしたら、白髪染めをするよりも、根本から切る方が肌や髪には安心です。もちろんお財布にもね!(笑)

傷まない白髪染めはありません。
つまり、白髪染めを繰り返すほどに、髪だけでなく頭皮にも負担がかかります!

根本の伸びた部分だけ染めることができれば、髪は一回分のカラーダメージしか受けませんが、実際は、白髪を綺麗に染めるために、地肌にも薬を塗布します。
カラーをすることで髪が傷む訳ですから、それだけ頭皮にも負担はかかりますよね?
「肌はターンオーバーするから大丈夫!」という意見もありますが、ターンオーバーは平均28日周期で、年齢とともにターンオーバーのサイクルは乱れていきます。

肌の生まれ変わるサイクルよりも、早いタイミングで白髪染めを繰り返していけば、それだけ頭皮にも負担がかかってしまいます。

まとめ

若白髪は抜かずに、根本から切りましょう!
自分で切るのが難しいようでしたら、行きつけの美容師さんに白髪カットだけをお願いしてみてください。

白髪染めは最終手段! 白髪の本数が増え、ハサミで切るのが困難なほどになってから始めることを美髪アドバイザーはオススメします!

(寺村優太/ハウコレ)

関連記事